LINEで送る

みんなの声をさがす
1584

峯上 奈緒子 さん

病院 住友病院

地域 大阪府

カテゴリ 認定/専門看護師

卒業校 看護学校

大切なのは患者さん一人ひとりの気持ちを知ること

<手術看護認定看護師>

手術室に勤務している中で、スタッフの育成に携わることが多くなりました。
また他院の手術室から異動してきたスタッフも多く、その方たちのキャリアアップの力になりたい、私自身も手術室の中でキャリアアップを考えたいなと思い資格を取得しました。

手術室の看護は特殊です。
まさに今、手術している現場で看護できるというのが醍醐味です。スタッフにも、手術を受ける「患者さんを看護する」という気持ちを持ってもらえるように日々心がけています。

認定看護師には実践・指導・相談という役割があります。
今は副師長という立場になって管理的な視点で看護をすることが増えていますが、自分が実践するだけではなく、より良い看護をみんなと一緒に実践していくこと、若いスタッフに手術看護の重要性を伝えてチームで取り組んでいくということを大切にしています。

学生の頃は、実習に行くたびに外科に行きたい、産婦人科に行きたい、脳外科に行きたいと悩んでいました。手術室を志望したのは、「手術室だったら様々な疾患を勉強できるのでは」と思ったからです。こんなにずっといるとは思ってなかったですね(笑)

忘れられないのは、新人の頃に受け持った患者さん。
手術前日、術前訪問で訪室した時、全く手術を受け入れられていませんでした。
私は手術のオリエンテーションをしなくてはいけない立場だったんですが、全くできないまま終わってしまったんです…。翌日、患者さんにお会いしたら、「話を聞いてもらってすっきりしたから手術を受ける気持ちになりました」と言ってきてくださって。患者さんの治療をサポートする仕事かなと思っていたのですが、患者さんの意思や望む治療をサポートするのが看護師の仕事なんだな、と感じました。
「患者さん」という概念から外れ「一人の個人」として気持ちを聞くことが大切だと感じそれは現在にも繋がっています。

看護学生の方々には、目標となる先輩を見つけてほしいなと思います。
実習先の指導者さんでも見学に行ったときの看護師さんでもいいと思いますが、自分もこんな看護師になりたいという人を見つけて、そこに近づけるようになっていったら道は開けていくかなと思います。私もそう言ってもらえるようにこれからも頑張りたいです!

※ナスナスからのお問い合わせは受け付けておりません。
住友病院 看護部HPからお問い合わせください。
http://www.sumitomohp-ns.jp/

同じ病院のほかの声

イベント

Follow nasnus