LINEで送る

みんなの声をさがす
1573

藤岡真奈美 さん

病院 岸和田徳洲会病院(徳洲会)

地域 大阪府

カテゴリ 新人

卒業校 藍野短期大学

「学びたい」気持ちを持ち続けられる病院

岸和田徳洲会は心臓血管外科、有名なのでここに来ました。学生の時に友達と「どこの病院にするか」ということを相談していたんですが「何の科目が得意か」「何を学びたいのか」というところで選んでいって。私は心臓血管外科に興味があったんです。

興味をもったきっかけは、もともとあんまり勉強は得意な方ではなかったんです(笑)
でも循環器とかは心臓…といった部分がストンと自分の中に入ってきて。勉強していて楽しかったんです!だから自分の苦手な科目に行ってもいいかな、とも思ったのですがより得意な、出来るところをのばしていきたいなと思ったんです。

看護師を目指したのは母の影響です。母も看護師ではないんですけど医療系で働いていて。でも小さい頃って同じと思うじゃないですか(笑)一緒だと思っていました。
決心…というか物心ついたころに「看護師になろう」と思いました。小学校1年生の時に交通事故にあって入院したんです。その時の看護師さんの対応がすごく良くて…優しかったんです。
そのときかな?「なりたいな〜」から「なろう!」に変わりました。

卒業アルバムの【将来の夢】みたいなコーナーで私、全部同じなんです(笑)見返したときに面白かったですね。あ、私ぶれてないって。

苦労した部分は、そうですね、
今までは解剖的な部分でしか心臓のことを知らなかったんですけど、実際患者さんを目の当たりにして一人ひとり看ていかないといけないところも違うし、心臓とかだけじゃなくてほかの血管も最終、心臓に繋がってくるとか。
ちょっとギャップはあって、一時期勉強するのとかしんどかったんです。

嬉しいなと思った場面は…なんやろ…でもやっぱり自分がこれでいいんかなと思っていた行動が、実際に患者さんの退院に向けて繋がってたりしたのを感じられた場面です。
感謝の言葉とかいただいた時は「あ、これであってたんだみたいな」よかったな〜っていう風に思うんですけど。
あとはけっこう心臓血管外科ってきついイメージで、看護師さんも結構きつめって言われてたんですけど、そんなこともなくて。
ちゃんと教えてくれるし、できないことを怒るのは当たり前だと思うし、ちゃんと教育はして頂いています。

プリセプターさんは厳しい方でしたが、相性が良かったんかなと思います、人としての。
怒られないようにってのはあるんですけど、でもそれで逆に勉強するし、これたぶん質問されるなって思ったこととかはノート見直すようにもなるし。
適当に教えちゃう人とかもいると思うんですけど、私そういうのがすごく苦手で。根拠が欲しくて。
そうじゃないと落ちてこないタイプなんです。
見返すと、自分のプリセプターがその人で良かったなって思います。全部が落ちてくるし、だからこうなんやって。先輩方は結構根拠とか言ってくれるし、あやふやな感じでおっしゃることはないんです。しっかりと向き合ってもらえたという経験は大きいですね。

1年間働いてきて、感じたことは病院の明るさだと思います。
明るいし、急性期やからめちゃめちゃバタバタするんですけど、その分その病棟内のチームの連携とかはいいんかなって感じました。
ICUとかと病棟ごとの連携とかすごくあるんですけど、そういった時の緊急の入院とかきた時に連携がすごくいいのかなって思います。
急性期やからこそうまれるんかなって思います。助け合いとかしっかりしてて、助けれる分を助けていく。一人でやってたらすごい時間のかかることもフォローし合ってるので残業もあまりありません。

今は病院全体で退院支援にも力を入れていってるんですけど、毎週、ここの病棟は木曜日に先生とその日のリーダーの看護師とリハビリ師さんとソーシャルワーカーさんがきて、患者さんの状態を話し合っています。
退院支援とかも計画してスムーズにいくようにしてるんで、そこは連携とれていますね。
すぐに欲しい物品とかも、取りよせてくれたり、ここの病棟の忙しさとか知ってるから、何が必要かとかもすぐにやってくれたりして。

今後は…結婚して子供ができても働きたいなと思っています。他の病棟もいつかは経験したいなとも思うんですが今は心臓血管外科でいたいし、もっと深く知っていきたいなって思うんです。
岸徳は「学び続けられる病院」だと思います。周りの先輩方もしっかりと支えてくれますし「学びたい」という気持ちを大切に働ける病院だと感じています。

同じ病院のほかの声

イベント

Follow nasnus