LINEで送る

みんなの声をさがす
1584

石鉢 一美 さん

病院 横浜市立みなと赤十字病院

地域 神奈川県

カテゴリ 認定/専門看護師

卒業校 青森労災看護専門学校卒業

部署を超えた活動

■看護師になろうと思ったきっかけを教えてください。
高校生の時に、親戚が肺がんで亡くなりまして。
その時の看護師さんのかかわりを見て看護師になりたいと思いました。

■認定資格を取得しようと思ったきっかけを教えてください。
入職してからずっとICUの経験が長くて。
10年間、勤務していく中で、患者さんたちの看護の質を上げたいという思いと、患者さんの命を1人でも多く助ける為の技術を身に着けたいと思い、認定看護師になろうと決めました。

■こちらの病院に決めた理由を教えてください。
横浜市立みなと赤十字病院が開院した、2005年に採用試験を受けました。
開院間もないという事で、病院全体がこれから新しく変わっていくところに自分自身も参加していきたいと思ったのと、精神科病棟を有している病院なので、精神科の疾患がある患者さんを受けられるところに魅力を感じたからです。

■資格取得後の心境の変化はありましたか?
8か月間の学校生活を通して、自分にとっての看護とはどういう事なのかを、もう一度見つめなおす期間が取れました。その中で、自分が大切にしている看護というのを、きちんと言語化できるようになったのが大きな変化だと思います。
あとは、後輩看護師への指導方法も、学校に通っている間ずっと考えていました。
どういうアプローチをしたら、病棟の看護師全体の質を上げることができるのか?という事を考えながら実践できるようになったのが大きな変化だと思います。

■仕事のやりがいや難しさはありますか?
認定看護師になる前は、部署内の教育には関わることが多かったのですが、認定看護師を取得したことで、病院全体の“フィジカルアセスメント”の向上という事に関して、自分で研修を企画したり、他の病院の研修にも参加させて頂いたり、部署を超えた活動ができるようになったことが、やりがいにつながっていると思います。

最近では、認定看護師の知名度が上がってきたので、先生方も認定看護師の事を理解してくれる方が多いのですけど、私が認定看護師になりたての頃は、一般スタッフとの違いを理解されていない方が多かったので、協力が得られないこともありました。
そういうところで、役職がある方よりも難しさはあると思います。

■病院の魅力は?
『病院を良くしたい!』と思った方たちの自発的な行動を病院全体がバックアップしてくれるところが魅力です。部署を離れた活動でも、看護部や師長さんたちが柔軟に対応してくれてすごく協力して頂けます。

■今後どんな看護師になりたいですか?目標や夢はありますか?
現在は師長の業務が中心になってきてしまっているので、認定看護師を育成していく事で次世代に看護をつないでいきたいと思います。

■学生さんにメッセージをお願いします
看護の大変さと楽しさの両方をわかる看護師になって下さい。

同じ病院のほかの声

イベント

Follow nasnus