関西 / 大阪府 / 枚方市養父東町65-1 佐藤病院 男山病院 (社会医療法人 美杉会)
ホンネがいっぱい!佐藤病院のナースマン座談会★
佐藤病院 男山病院 (社会医療法人 美杉会) 関西 / 大阪府 / 枚方市養父東町65-1 ナースマン座談会
役職
経験3年目以上
卒業校
看護学校/看護専門学校

美杉会に就職したきっかけは?

横山:僕はここに15年いるから、比較的若い人から話してもらおうか!
寺前:僕は元々看護学校へ行く前に助手として2年働いていました。その時に横山師長と出会って、「あんな人になりたいな~」と思いながら看護学校時代を過ごしてそのまま入職しました。
横山:嬉しいこと言ってくれるね(照)
櫻井:僕はずっと一般病棟で働いていたんですけど、透析がやれたらと思って上司に相談したんです。そしてこの病院を勧められた形かな。
そして今では透析の認定看護師として働いています!
桂井:実は…奥さんが枚方出身で市内に家を買ったんです。近くで働ける病院を探していたところ、ワークライフバランスがいいという噂を聞いてここに決めました。
横野:僕はここで3つ目の病院なんですね。
今まで訪問と救急をやってきましたが、美杉会グループは老健もあるじゃないですか。
ゆくゆくは施設の管理者も出来たらいいなと思って選びました。
吉田:元々は手術室で6年ほど働いていたのですが、病棟にチャレンジしたいと思っていました。
求人をみても病棟が多くて、手術室はあまりないんですよ。それだけ病棟が求められているのかなと感じましたし、今後はいろんな分野で活躍したいなぁという思いもありました。

美杉会の雰囲気は?人間関係などを教えてください

吉田:どうですかね、僕がいるからいいかな(笑)
桂井:ムードメーカーになってますもんね(笑)
吉田:男性も少しずつ入ってきて、少しずつ雰囲気がやわらいでいるかな〜と思います。
横野:この前(系列の)男山病院のクラークさんと仲良くて、飲み会に行ってきたんですよ!そこで情報交換をして協力体制を組んでいこうという動きはあります(笑)
櫻井:あと忘年会とか新年会も結構すごいですね、あんな広いところで飲み放題で!
横山:手術室の参加率高いよね?
寺前:行こう行こうと声かけたら皆来てくれますね、一回いったら面白いから(笑)

美杉会のおすすめポイント

横山:今、厚生労働省が急性期から亡くなるまでの一貫看護を強調していて、地域包括ケアが言われているけど、この法人はすでに30年以上前からやってたからすごいよ。
働き口がどこにでもあるわけでしょ。急性期、慢性期、回復期、終末期だと緩和ケアや在宅、訪問看護もあるし、法人内で極めたいことがあればどこへでもいける。吉田くんなんかは運転手とかね(笑)
吉田:いや、理事長とか(笑)
寺前:すごい野望ですね、理事長(笑)
櫻井:まぁそれはおいといて、ウリはそこでしょうね。目標に向けてスタッフがこうしたいと言っていることに協力してくれる母体があるというのは大きいと思います。
中田:あと休みの希望が通ることじゃないですかね!これはポイント高いですよ!
横山:僕は手術室の師長としてみんなの意見は反映したいと思ってるよ。
寺前:それって大変じゃないですか?
横山:うん、大変(笑)
一同:笑
吉田:有給休暇もすごく取りやすいですよね。
中田:他はどうなの?病棟とか。
吉田:ほとんど通ってますよ、他の病院ではなかなか取れないですよね。

周りが女性スタッフばかりの中働くということは?

横野:うちの部署で男性は僕1人です。
僕自身は抵抗なかったんですけど、休憩室にポンと入ったら「わぁ男や~!」って言われて、思わず「すいません」って謝ってしまいました。
一同:笑
櫻井:手術室の男女の比率はどうなんですか?
横山:男性は僕と寺前くん、MEさんも来てくれてるから3人です。
部署内は全部で15人いるから男性が複数いるとやりやすいね。しかも夜勤がないから日勤に必ず3人揃うし、だいぶ雰囲気ちがうな~と思います。
横野:めちゃくちゃうらやましいですね。
桂井:病棟ももっと増えてほしいですね。2人だと寂しいです…。
桂井:病棟で年配の患者さんからよく聞くんですけど、男性看護師さんのほうが優しいよねって言われます。女性だとハッキリと言うところもあるからでしょうか…(笑)
横山:吉田くんは患者さんの退院時アンケートに名指しで褒められてたもんね!
吉田:「めちゃめちゃ優しくて気がきく」ってありました!
僕は当たり前のことをしただけですけどね。
一同:おお!!(笑)
横野:外来は女性しかいないので…
様々な患者さんがこられるので、女性が関わりにくそうにしていたら率先していくようにしていますね。
寺前:あと女性ばかりでどうも空気が重い時…(笑)
あっちからこう言われこっちからああ言われ…
一同:(笑)
寺前:それぞれの話をきいて職場全体のバランスを取るのが僕の役割かなと思ってます。

目指している将来像は?

桂井:僕は外科でもう少しスキルアップしていきたいと思ってます。
寺前:僕は手術室で7年目なんですけど、病棟を経験したいですね!
横山:多くの現場を見ることは良いことだね。
横野さんはどうやってステップアップしていくの?
横野:施設に入るとなったら老年や認知症の認定の講習にいかないといけないので、もうすでに応募してるんですよ。
基本編が通れば応用編に進もうと思っています。
櫻井:計画たててるのはすごいね。
横野:師長のおかげです!
中田:男性はこんな感じでにこやかにやっているところがあるので、これから就職される方には良い環境だと思いますよ!
寺前:今は女性の世界と言われていますけど、男性が増えれば横のつながりがもっと増えるし、みんなも楽しくなってくる。
雰囲気も大きく変わると思います。せっかく看護師資格を取ったんだったらそれを活かして勤めたほうがいいかなと思います。
櫻井:男女関係なく和気あいあいと仕事が出来ますし、自分のやりたいことが出来るという意味ではとてもいいところと思いますので、ここで働くことをおすすめします。
横山:キャリアアップの後押しもしてくれるしね。
桂井:看護師は女性が多いので男性は向いていないのかなという先入観とかあるかもしれないですけど、実際やってみると男性は落ち着いて判断できたり、人間関係もなごやかにやっていける人が多いと思います。
男性のほうが向いてると言えるかもしれない!だから積極的に目指してほしいです。
横山:では吉田くん、最後綺麗にしめてね。
吉田:あ、はい!
女性ばかりで委縮しがちな世界ですが、横山さん筆頭になごやかな雰囲気で仕事できていますし、頑張れば確実に自分の成長に繋がります。辛いこともあるけどやり続けることが大事かなと思います!