LINEで送る

みんなの声をさがす
1746

松雄 公子 さん

病院 山紀会 山本第三病院

地域 大阪府

カテゴリ 看護部長/副部長

卒業校 大阪厚生年金看護専門学校

働く仲間を尊重し、共に成長し仕事を通して看護師としての生きがいや喜びを見つける職場を創造

私は、色々な病院で経験を積ませて頂き、6年前にご縁があってこの山本第三病院で働かせて頂く事になりました。当初は医療安全管理者として、入社しました。

丁度、電子カルテが導入される1か月前でしたので、電子カルテ立ち上げに経験のあった私は、看護師さん達と電子カルテ稼働に向けた準備を一緒に進めさせていただきました。

急性期病棟の師長の病気療養をきっかけに、その病棟の師長を任され、医療安全管理者と兼任することになりました。その後に看護部長のお話も頂いて今5年目になります。

私はポジティブな性格なので自分に仕事が来た場合は、やれる事なら何でも引き受けるというスタンスで仕事をしています。働く仲間との距離も大事にしています。看護部長になってからも働く仲間との距離はいつも近い存在でありたいと考えており、看護部長室のドアは開放していつ誰が来ても、話しかけやすい職場造りを心がけています。

看護部長の存在は決して上の存在ではなく、全員とコミュニケーションを取り、同じ目線で同じ気持ちを共有して、心の支えになれればと日々思っています。

この病院のメンバー全員、とても素直で、困っていたらみんなお互いに助け合う絆があります。
一度、家庭の事情で職場を離れても復職してくれる方がとても多いのも嬉しい事です。

そのみんなの姿に私はいつも感謝しています。私も皆に助けられてエネルギーを頂きながら仕事をさせてもらっています。

〜〜〜〜〜     学生の皆様にメッセージ     〜〜〜〜〜

小さい時から生物の授業が好きで、中学生や高校生の時は人の体に興味をもってよく勉強しました。当時放映されていたテレビドラマの影響もあり看護学校に入学しました。

当時は、学生で遊ぶお金も無かったので勉強を沢山しました。負けず嫌いの性格もあり、自分を成長させてくれたと思っています。

大事にしている事は、「時間を守る事」、時間にルーズな人は仕事にも影響が出ると考えています。
学生さんにも今の内から時間という価値を感じて行動して欲しいです。

それと看護の仕事をするという事は、プロフェッショナルであると言う事ですから、仕事をするうえで一生勉強し続ける必要があります。今の内から自己研鑽の習慣をつけておいて欲しいです。

何事も矢印を外(相手)に向けるのではなく、自分に向けて生きていって欲しいと思います。そうすることで、自分が成長でいるのではないでしょうか。

最後に一番大切な考え方は、プライベートが充実していてこそ仕事が充実すると言う事ですね。
休みもしっかり取ってプライベートを充実出来るような職場にしていきたいと思っています。

イベント

Follow nasnus