LINEで送る

みんなの声をさがす
1732

仲原 育子 さん

病院 なにわ生野病院

地域 大阪府

カテゴリ 師長

卒業校 大阪病院協会看護専門学校

働きやすい環境で一緒に成長していきましょう♪

なにわ生野病院が新築移転する時に法人内の異動があり、なにわ生野病院では4年目になります。
開院半年後にHCUを立上げ、昨年10月には念願だったICUへと変更しました。
HCUの立ち上げに携わったことで、ICUへの移行もスムーズに行え、マニュアルの変更などもスタッフと一緒に話し合いながら日々患者さんにとって働くスタッフにとってベストを考えて行っています。

今年は新卒で2名の看護師がICUに配属されました。
彼女たちに求めることは、やはり一般病棟よりも重症の患者さんですので、状態を良く見てアセスメント能力を身につけてほしいです。
そこを自身で深め、自分のものにしてくれたらと思いますね。
患者さんに興味がある人は今出来ていなくても、ここにきて一緒に勉強することによって見えるようになってきます。

ICUには重症の患者さんが入院してきます。
毎日みんなで日々の状態をカンファレンスして、入院3日目には先生を交えてカンファレンスを行いその中から出た意見を先生がやってみようかと実践した後、状態が良くなってくれたら嬉しくなります。
自分達が考えたものが直接患者さんに繋がっていることは、病棟よりも密だと感じています。目に見えてちょっとでも良くなっているのがわかるんですよ。
逆に重症の患者さんや手術直後の患者さんで痛みを緩和しようとしても、痛みが勝ってしまうときはどうしてあげたらいいのだろう…と辛さを感じることもありますね。

なにわ生野病院で感じるのは雰囲気の良さです。院長も楽しい方ですね。こんなに気さくな院長がいるのか!というくらいユーモアのある方で(笑)
毎週の朝礼時にお話にオチを付けられたりもされています(笑)とっても和やかな雰囲気になります。
弘道会の院長同士の仲がよくコミュニケーションが取れていると看護師同士、例えば別の弘道会グループから来た人がそちらで学んだことを活かせます。
法人で横のつながりが強いのはいいですね。
病院内も院長が気さくなので職種を越えてコミュニケーションがとりやすく雰囲気も良いです。親睦会もあるんですよ!年2回、職種を越えてみんなで行きます。この前はみかん狩りでしたね。お食事も行くし、舞洲のゴーカートにも行きました。吉本を見に行くのは却下されました。(笑)

病院が移転して3年半ですが、こちらに来てから働き出したスタッフが多く新人の方や中途採用の方はすぐになじんでいます。
新しい人達がみんな同期のようになっています(笑)
教えあって、支え合いながら仕事を覚えていくような環境です。みんなで補い合いながら、イキイキと働いていますよ。
ぜひ一緒に働いでみませんか?いつでも病院見学をお待ちしています!

イベント

Follow nasnus