LINEで送る

みんなの声をさがす
1743

坂元 直樹 さん

病院 守口生野記念病院

地域 大阪府

カテゴリ 新人

卒業校 大阪済生会野江看護専門学校

看護に向き合うための1年間でした

入職して3ヶ月が経ちました。患者さんに注射などを実際にさせてもらって、「看護師になったんだな」と少しずつ実感し始めています。

こちらの病院を選んだきっかけは、弟が守口生野記念病院に入院していたことです。
その際に母が男性の職員さんが多かったこと、服の着替えなども手伝ってもらえた、病棟の雰囲気もよかった、と繰り返し「いい病院だった」と言っていたことが印象的で、入職することに決めました。
先日、研修で弟が入院していた病棟へ行った際に、休憩中の男性看護師の先輩にこの話をしたらちょうど弟を担当してくださった方だったので、兄としてお礼を伝えることもできました(笑)

現在7階の病棟で勤務しています。プリセプターさんやほかのスタッフも優しい方が多く、看護師以外の方もいろいろと声を掛けてくださってコミュニケーションがとても盛んです。最近では先輩に注射など実技に関して褒めてもらったり、一人で点滴などもさせてもらえるようになり、自信がついてきました。

実は小学校4年生のころ、僕は入退院を繰り返していて学校にもほとんど行けていませんでした。
入院生活は退屈で嫌で仕方がなく、自分の殻に閉じこもっていたんですが、実習にきていた看護学生さんの中に一人だけ男性がいて、その方が僕の担当に付いて勉強の時間なども付きっきりで関わってくれました。その方のおかげで心を開くことができたし、入院についても前向きに捉えることができました。
そこから専門学校に入るまでずっと「あの人のようになりたい」という思いで看護師を目指してきました。

しかし実際に楽しみにしていた小児看護の実習では、自分が思い描いていたような関わり方ができず、頭が真っ白になってしまい、学校も休学し、看護の世界から離れることになりました。
両親にも同じクラスのみんなにも申し訳ない気持ちはありましたが、看護以外に自分にあう仕事はないかと探すように、いろんな仕事やバイトをして1年間過ごしました。
その中で介護の仕事も経験しました。ヘルパーの資格も取得して取り組んでいたのですが、やはり看護師の方ができることが多いと感じ、そこから訪問看護へ興味を持つようになりました。
せっかく2年間看護の勉強をしてきたのだし、それを活かして人の役に立ちたいという思いが起こり、復学をして、今年看護師として働き始めました。

少しみんなより遠回りをしましたが、休学していた1年間で得たものは多かったし、あの時間があったからこそ、看護師という仕事にもう一度向き合えたのだと思います。
いつか訪問看護ステーションを自分で立ち上げるという夢もできました。まだまだ先の話ではありますが(笑)

当院は母が言っていた通り、男性職員が多いと思います。同じ病棟だけでも男性看護師が3人、助手さんが2人いるので。
男性女性に限らず、一緒に働ける日を楽しみにしていますので、ぜひ当院へお越しください!

同じ病院のほかの声

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus