LINEで送る

みんなの声をさがす
1718

中嶋 啓志 さん

病院 守口生野記念病院

地域 大阪府

カテゴリ 経験3年目以上

卒業校 香里ケ丘看護専門学校

親身に、そして臆病に

2年前に部署が変わり、今はICUに来て2年経ちます。

最初は別の病院にいたのですが、2年目になったときにこの病院に来ました。前の病院をやめたきっかけは、理想と現実のギャップがあったからです。僕は新卒で看護師になったのではなく、他の仕事をしてから看護師になったのでギャップはある程度覚悟していました。
もともと看護師になった理由が患者さんと深く関わりたいという思いからだったのですが、前の病院ではシステム的にそれが難しくて。看護師自体をやめようと思ってお世話になった人に挨拶をしていたら、その中に守口生野記念病院で働いてる人がいました。その人が、僕が辞める理由を聞いて、「うちにきてみたら」と声を掛けてくれたことが働き始めたきっかけです。働いてみると、自分の理想に近いことができる環境があったので移ってきてよかったなぁと思います。

前職では介護士をしていました。大学で就職課に行ったときにサラリーマンの求人とかがいっぱい出ていて将来を考えた時、家族が病気になった時に何かしてあげられる人になりたいという気持ちが強くなりました。そして看護の学校に行けるよう介護士として働きながら学費を稼ぐ…という生活でしたね。

今はICUで副主任もさせてもらっていますが、男性が役職にというのはまだ珍しいと思います。僕が看護師になったときは男性が本当に少なかったですから。最近は増えてきましたよ。メンバーも面白くて。筋肉バカもいます(笑)
ICUではメンバーみんなが伸び伸びと働いている印象です。「ICUに来てよかった」という声もよく聞きます。

実際に働いてみて心掛けていることは「親身であること」「臆病であること」です。
やはり患者さんや家族さんが何か自分に話しかけてきたときに親身になって聞いてあげたり何かしてあげたりしたいということ。臆病というのは、人間がやることなのでどうしてもミスが起こります。「これで良かったのかな?」と常に思うことによってそれが大事にならないように心掛けています。いい意味での臆病さが必要なんだと思っています。

いま目指している看護師像って特になくて、ただ、目の前にあることを一つずつ頑張っていって、自分が10年後どんな看護師になっているのか楽しみにしています。自分に対しての期待ですね。なので、目の前のことを全力で頑張っていきたいです!
「こういう風になりたい」と目標をもつことも大切だとは思いますが、強く思いすぎたら、それに縛られて視野が狭くなることもあると思うので、凝り固まらず、もっと将来の自分に期待して伸び伸びやってほしいなと思います。それが僕の管理職としての考え方でもあります。

一緒に将来を楽しみながら看護をしてみませんか?

同じ病院のほかの声

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus