LINEで送る

みんなの声をさがす
1744

T.K さん

病院 帯広厚生病院(JA北海道厚生連)

地域 北海道

カテゴリ 認定/専門看護師

卒業校 旭川厚生看護専門学校

食べることを支えるプロでありたい

Q1.認定看護師を目指した理由は何ですか?
看護師10年目を迎えた頃、自分はこの先、どんな看護師になりたいか考えたのがきっかけです。このまま看護師を続けるにしても、何か得意な分野を見つけ看護師としてステップアップしたいと思い、認定看護師のことを調べました。
その頃働いていた病院の上司に相談したところ、認知症看護や摂食・嚥下障害看護という分野を進められました。私は迷わず、「摂食・嚥下障害看護」を選びました。と言うのも、私自身が食べることが大好きで、この先“食べることに携わることができるなんて、幸せな看護師人生だ!”と思い、早速勉強を始めました。
これが、私の認定看護師を目指したきっかけです。

Q2.印象に残っているエピソードを教えてください
摂食・嚥下障害看護認定看護師になって間もない頃、終末期の患者さんが転院してきました。積極的な治療はせず、最期の時間を家族のそばで過ごすために転院されてきたのです。その方は、誤嚥を繰り返すという理由で、ほぼ絶食の状態でした。
病棟看護師から、その方が冷たい水が飲みたいと訴えており、どうにか一口でも飲むことはできないか相談を受けました。主治医の許可を得て、病棟看護師と一緒にトロミのついた水を一口飲むことができるよう援助したところ、ゆっくりではありますが、ゴク、ゴクと飲むことが出来たのです。その様子を動画で撮影しご家族に見せたところ、とても喜んで下さいました。
残念ながらその方は、数日後にお亡くなりになられたのですが、後日、ご家族から「ずっと飲みたかった水を飲ませてくれてありがとうございました。病気は治らなくても、本人も私たち家族も満足しています。」というお手紙をいただきました。
私たちは、病気は治せませんが、その方の生活を豊かにすることは出来ると実感できたエピソードです。

Q3.厚生病院を選んだ理由を教えてください
帯広厚生病院は、十勝管内の中核病院であり、急性期、慢性期、回復期とあらゆる疾患を患った方が利用しています。地域に求められる病院を目指すというのが当院の基本理念でもあり、自分自身も住んでいる地域に医療という立場で貢献しているところが魅力的で選びました。
十勝は食べ物が美味しいため、食べることが大好きな私には絶好な場所であるのも、理由の一つです!笑

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus