LINEで送る

みんなの声をさがす
1744

中野 ユリア さん

病院 住友病院

地域 大阪府

カテゴリ 経験3年目以上

卒業校 看護学校

患者さんの言葉を活力に成長できる

私は中途採用で住友病院に入職し3年目です。
もともとは奈良の総合病院に7年ほど勤務していたのですが、より専門的な知識を学びたいと思ったのが転職のきっかけです。
都会の大きな病院で働いてみて、専門性を自分のやりたいことの決定打にしキャリアアップを目指そうと思っていました。

転職して3年経った今、徐々に自分のやりたいことも見えてきました。
後は自分がこれからどう動こうか考えているところですね。

現在、新人のプリセプターを勤めています。
以前勤めていた病院では固定チームペアナーシング(KPN)は行っておらず、1人で病棟を周ってその後振り返っていたのですが、KPNは何かあればその場で指導できますし、一緒に周るなかで不足している部分を振り返れるので良いなと思います。
ケアも一緒にでき、患者さんの状態を見て行えるので良いですね。

私がついている新人さんの男の子(ナスナスに掲載している小谷さん)は今入職3ヶ月なので一番しんどい時期ですね…。
整形病棟なので必ず手術はありますし、消化器内科もありますので消化器外科とは違った内視鏡的処置もあります。
それに合わせがんの患者さんも多く、ADLも下がっている方や、整形病棟なので痛みのある方様々です。その対応に追われたり…術前術後のケアもあるので結構な忙しさですね。それでも今は必死に食らいついていくしかない時期ですし、ここでどう食いしばってくれるかだと思います。自分は向いてないんじゃないか…と思う時期が今なので、その時のフォローはしっかりとしたいですね。

月に1度は必ず時間を作って面談し、しんどい事や悩んでいる事はないか聞くようにしています。男の子ですしあまり聞きすぎてもいけないかな、と思うこともありますが…(笑)
女性ばかりの職場なので言いにくいこともあるだろうから、そこを私がカバーできればなと思っています。思ったことや考えていることを言いやすい環境を作りたいですね。

男性看護師さんはすごく重要で、女性と違った物の見方ができると思います。そこも大切に成長してほしいです。
あと新人さんは患者さんから頼りにされる看護師になってほしい。忙しくても患者さんが「忙しそうで言えなかった」とおっしゃるのが一番嫌なことなので。
いつでも相談できるような環境が作れる看護師って素敵ですよね。あとは、「この人に頼めば大丈夫」と信頼してもらえるのが一番です!

私自身看護師になってからは印象に残る患者さんはたくさんいらっしゃいます。
また亡くなられたご家族に「中野さんに見守られて亡くなってよかった」「中野さんに見送って貰ってよかった」と言われたことも心に残っていますね。

そういった経験から新人さんにも頼りにしてもらえる看護師になってほしいんです。
忙しい中精神的なフォローができる看護師になるのは難しいことですが、名前を覚えてもらって「あなたがいてくれてよかった」と言って頂けるのは活力になりますから。

同じ病院のほかの声

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus