LINEで送る

みんなの声をさがす
1741

奥城 海帆 さん

病院 住友病院

地域 大阪府

カテゴリ 新人

卒業校 看護学校

ここでなら理想の看護師になれると直感しました!

病棟に出て現在3ヶ月になります。
実習での経験はあったものの注射など今までできなかったことを実施していく中で「看護師になったんだ!」という実感がわき始めました。

実は私は住友病院のことを知らなくて…。「住友病院は教育もしっかりしているしいいよ」と知人に教えてもらいました。また母の知り合いにも住友病院で働いていた方がいて、「教育制度が本当にしっかりしているし、住友病院は本当に働きがいのある病院」と教えてもらい私もそういう病院に勤めたいなと思いました。

ぎりぎりまで悩んでいたので住友病院のインターンシップには参加できなかったのですが、事前に1人で病院に来て雰囲気を見ました。院内を探検した時、明るい雰囲気と看護師さんの患者さんに対する気持ちが伝わってきて「ここで働いたらいい看護師になれるだろう、働いてみたい!」と思い応募を決めました。

他の病院に行った友人の話を聞いても本当に教育制度が整っていると実感します。全部の技術のチェックリストがあり、全て先輩にチェックしてもらいながら毎日の業務に当たっています。自立したら自分でできるという自信にもなりますね!

パートナーの先輩もとても優しく、わからないことは1から教えてくれます。ときには厳しい時もありますが、指導としてしっかりと受け止めています。
皆さん優しくていい方なので病棟全体、そして住友病院自体がとても雰囲気が良いです。
院内で困っている人がいたらみなさん必ず自ら声をかけて、絶対に助けるという優しさに溢れています。 

看護師としての目標は、患者さんだけではなく家族の方にも安心して過ごしていただけるように、家族のケアも考えて行えるようになりたいです!
患者さんから話を聞くだけではなく、ご家族目線でどう思われているのかな、という話も聞いていけるようになりたいです。その部分も考えてケアしたり多職種の方と連携を組みチームワークを大切にできるような看護師になりたいなと思います。

今、課題に思っていることは、業務の中で優先順位を考える事…。
先輩の指示で動いてという感じなので、指示が無くても自分の中で優先順位を決めて、どれを1番にしたらいいのか考えて動けるようになっていきたいなと思っています。

また、私は最初患者さんと接するときには明るくしようと思っていましたが、先輩を見ていたら患者さんの病状や症状に合わせて声のトーンを変えたり声掛けの仕方を変えたりしていて。
場面場面でスマートに対応できる先輩のような看護師になりたいなと思いました。
やっぱり患者さんの心は様々なのでしんどい人に明るく「おはようございます!!」と言うのは違うのかなと…。声のトーンや表情を考えて動いていきたいと思っています。

私の場合は実習のとき、教科書ばかりに頼って「こういう看護をしよう」というイメージを作っていました。でも実際に働いてみたら教科書通りにいかないことばかり。
実習で学んだ事や感じたことはメモなどに書き残しておいて、働く前に見返し自分のものにしておくのが良いと思います。
実習の時は、患者さんと関わることが楽しかったのですが家に帰ってからの記録はすごくしんどかったですね(笑)
勉強してわかったことは実際すごい身について、患者さんともさらに向き合える。勉強って本当に大事だなと思っています。
働いてからはここで記録を書いて帰るので家ではないですが、今も毎日学生の頃と変わらず勉強していますよ!


同じ病院のほかの声

イベント

Follow nasnus