LINEで送る

みんなの声をさがす
1692

眞野惠子 さん

病院 藤田保健衛生大学病院

地域 愛知県

カテゴリ 看護部長/副部長

卒業校 愛知県立桃陵高等学校専攻科

人を大切にする病院です

------------------------------------------------------------------------------------
★看護師を志したきっかけを教えて下さい。
------------------------------------------------------------------------------------
 私の小さい頃の夢は教師か看護師になることでした。
 これからの女性は何かライセンスを持っていなくてはいけないと昔から考えていました
 し、人の役に立てる仕事をということで看護師の免許を取得。同時に教育者としての
 夢もあったので看護学校で15年教鞭を執りました。

 “看護師人生の最後は病院で終えたい”という想いがあり、11年前に同キャンパス内の
 看護専門学校から当院へ異動してきて現在に至ります。
 
------------------------------------------------------------------------------------
★第一印象からパワフルで魅力的な眞野看護部長ですが、組織のトップとして
 常に心掛けていることはありますか?
------------------------------------------------------------------------------------
 常にポジティブでいることは大切だと考えています。
 私の信条は「組織は人なり」、人が成すものだからこそ個々の心持ちが重要だと考えて
 いるので、部下の良い報告を受けた時は直接本人にフィードバックしたり、髪型や表情
 などの小さな変化にも気を配り声を掛けて、皆のモチベーションを上げる事を意識して
 います。

 組織をコマに例えると私の役割はコマの軸だと思うのです。
 常にぶれることなく、きれいに回るよう調和を保つ必要があります。
 その為には各セクションの管理者をいかにやる気にさせるかということも、看護部長の
 重要な役目だと考えています。

------------------------------------------------------------------------------------
★より良い環境、職場づくりの為に取り組まれていることはありますか?
------------------------------------------------------------------------------------
 良い医療・看護を提供する為にも、そこで働く職員がいきいきと働けなくてはいけません。
 そういった環境をつくる為に、ボトムアップできる仕組みを作って、スタッフから新しい
 企画をどんどん挙げてもらっています。

 「皆でつくる看護部、皆でつくる病院」が実現できる環境だと思います。

------------------------------------------------------------------------------------
★大学病院の一般的なイメージと違い、忙しさよりも充実という言葉が適している
 環境だと思いますが、ワークライフバランスについてはどのような工夫をされていますか?
------------------------------------------------------------------------------------
  看護師のワークライフバランスについては、政府の働きかけで看護協会を中心に
 国や県が様々な仕組みを作ってくれていますが、実際の現場ではまだまだ足りない
 部分も多くあります。
 例えば、学童期の子をもつ職員への支援については、乳幼児期の子育て支援ほど
 充実したサポートがあるとは言えません。子どもの学校が休みの時期は特に、子ど
 もを残し働きに出る事に胸を痛め退職を考える職員もいました。
 そういった意見を元に考えたのが今年の夏から実施予定の「サマースクール藤田」
 という企画です。

 夏休みの時期に病院で子どもを預かって宿題を見たり、“病院で預かること”を
 活かして特別授業の実施を考えたりしています。また、子どもたちにはいきいきと
 働く親の背中を見せてあげたい。普段とは違う親の姿に何かを感じてくれたら、
 そして将来看護師を目指す子どもが一人でも出てきてくれたら嬉しいです。

 この企画は、看護部が中心となって試験的に実施をしますが、ゆくゆくは実施期間を
 延ばして、看護職員だけではなく病院の全スタッフを対象にして、全職員の為の制度
 になるよう進めていけたらと考えています。

------------------------------------------------------------------------------------
★当院に就職を考える皆さんへ
------------------------------------------------------------------------------------
 当院は急性期だけではなく、周産期から緩和ケアまで人の生涯を看ることができます。
 また、36セクションの中から自分がやりたい看護を選んで部署を変わることや、連携して
 いる2つの病院へ異動することも可能ですので、個々の適性や希望に応じて活躍の場を変え
 ることができます。
 そういった環境の中で、現状に満足するのではなく、向上心を持ち、考えて行動できる方に
 是非来てほしいと思います。

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus