LINEで送る

みんなの声をさがす
1742

山岸 美穂 さん

病院 那須赤十字病院

地域 栃木県

カテゴリ 経験3年目以上

卒業校 足利短期大学

チーム医療で患者さんに医療と看護を提供しています

■那須赤十字病院を選んだきっかけを教えて下さい
小学校5年生の時に交通事故で大田原赤十字病院(現在の那須赤十字病院)に入院したことがあり、その時の看護師さんがとても優しくて、私もこういう看護師になりたいなと思い、大田原赤十字病院に就職を決めました。
2012年に那須赤十字病院が完成し、移転後は建物も新しくなりとても働きやすい環境です。

■配属部署について教えて下さい。
今はICUで勤務しています。大田原赤十字病院では消化器外科に配属されていましたが、東日本大震災の影響で消化器外科の病棟が使用できなくなり、急遽ICUに配属されました。消化器外科病棟では、患者さんと会話でコミュニケーションを取れていたのが、ICUでは重症患者さんなので会話ができない方も多く、勉強が追いつくまでは戸惑いもあり大変でした。しかし、学習や経験を積み、先生ともタイムリーにカンファレンスをし、チームで患者さんに医療や看護を提供できるようになり、今は看護にやりがいを感じています。

■看護師になって良かったと実感したことはありますか?
ICUでは患者さんご自身と話せることが少ないのですが、患者さんがICUから一般病棟に転棟し、リハビリ中にICUに立ち寄って元気な姿をみることが出来たり、「ありがとう」と患者さんやご家族から感謝の言葉を頂いたときは看護師になって良かったなと実感します。

■印象に残っている体験はありますか?
術後で、痛みが強く、体勢をかえたり、痛み止めを飲んでもおさまらなかった患者さんがいました。私は患者さんの背中をさすり、患者さんの不安や心配ごとを話してもらいました。その2日後、患者さんから、「あの時、背中をさすってくれたり、話を聴いてくれてありがとう」と言って頂いたのが印象に残っています。

■看護師になって大変な事や悩みはありましたか?どのように乗りこえましたか?
急性期病院のICUで勤務をしているので、助けられなかった命、「あの時こうすればよかったんじゃないか」と自問自答することがあり、そういう時は落ち込んだりします。また、ご家族も突然の入院で、なかなか状況を受け入れられない状態です。「脳死状態」や「助からない状態です」というのを先生から説明して頂いた後に看護師がご家族の話を聞くのですが、その時は辛く、申し訳ない気持ちや助けられなかったという思いで悩んだりします。しかし、一緒に働くスタッフや師長・係長さんも話を聞いてくれて、しっかりとサポートして下さるので、自分がしたことは間違っていなかったということを理解して次に進むことができます。

■これからの目標を教えて下さい。
外科系・ICUと経験し、今後は内科について勉強したいという気持ちもあります。しかし、ドクターカーに同乗させて頂いたり、DMAT研修に参加して資格も取らせて頂いたので、内科・急性期・災害派遣など様々なことに励んでいきたいと思います。

同じ病院のほかの声

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus