LINEで送る

みんなの声をさがす
1693

大沼 千尋 さん

病院 那須赤十字病院

地域 栃木県

カテゴリ 経験3年目以上

卒業校 国際医療福祉塩谷看護専門学校

私が目指す看護師像

配属先:ICU

私は看護師という職業をとても誇りに思っています。なぜかというと、わたしは日々様々な患者様や家族と出会い、多くのことを学ばせて頂いているからです。
那須赤十字病院へ入職し、救命救急センター科を希望。ICUへ配属となりました。入職当初は、職場の雰囲気に慣れ、業務の流れをこなすことで毎日精一杯でした。特にこの時期は、看護師という仕事はとても大変な仕事であることを身をもって感じていました。
ICUでは様々な処置があり、緊急を要する治療、多くの薬剤投与などがあり、特殊な場です。また、意識のある患者様だけではなく、思うように自分の変化や欲求を訴えることが出来ない患者様も多く居ます。苦痛を伴う治療、安静保持により自由がないこと、自分のことをうまく伝えられないなど、それぞれの患者様にとってのストレスが多くあります。そして、生命の危機的状況にある患者様の家族の不安も計り知れないものであると感じます。

多くの出会いがある中で、別れもある場です。そのため、悩むことが多くありました。業務に追われ、十分に患者様の声に耳を傾けられず、もっとこうした方がよかった、もっとこうして欲しかったのではないかと悔やむことが多くあります。それと同時に、患者様の声を聞こうという思いだけで、それを行動に出来ていない自分にもどかしさを感じる場面も少なくありません。そんな中、私の変化に気づいて下さった先輩方は常に側で思いやりのある助言を下さいました。ICUスタッフは患者様思いの方々で、患者様を中心とし、チームで共に悲しみ、共に喜ぶ、そんな職場環境に今も救われています。そうして、過ごしてきたこの3年間があっという間であり、日々、自分には何が出来るだろう、看護とは何かなど、考え続けています。私の1番の支えとなってくれたプリセプターの方からは「満足することなく、看護について考え続けていこう。」と励ましてもらったことが今も自分の中にあります。1日1日を無駄にすることなく、自分に出来る限りの看護を提供していきたいと思います。そして、なにより患者様の声を聞く姿勢を持ち続けていきたいと思います。

同じ病院のほかの声

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus