LINEで送る

みんなの声をさがす
1725

S.O さん

病院 野崎徳洲会病院(徳洲会)

地域 大阪府

カテゴリ 経験3年目以上

卒業校 兵庫大学

新たな挑戦からやりたい看護が見つかる

Q1.看護師を目指された理由やきっかけを教えてください。
物心ついた時から看護師になりたかったのですが、一時期介護士と看護師で悩んだ時に職場体験でお世話になった看護師長さんに「悩んでいるなら看護師をすすめます。受け持ちしている患者さんが急変した際に対応できますよ。あなたが助けるんです!」という言葉で本格的に目指すようになりました。

Q2.野崎徳洲会病院を選んだ理由を教えてください。
ローテーション研修があり自分にあった看護をみつけることができると思ったからです。また、病院見学の際に看護部長さんの考え方や案内してくださった看護師長さんの雰囲気に惹かれたのもきっかけとなりました。

Q3.野崎徳洲会病院はどんな病院ですか?
急性期病院でもあり、24時間救急搬送を受け入れている為忙しいところではありますが、その中でも対応できる力が自然と身につきます。また救急搬送された患者さんはリスクが高い方が多く術後管理が大変なこともあり、高度な知識や技術を求められることもありますが、自身のスキルアップに繋がり、向上心を常に持つことができると思います。

Q4.野崎徳洲会病院看護部の魅力はどんなところですか?
当院はローテーション研修がある為自分にあった看護を見つけることができ、のびのびと仕事を行えるところだと思います。また、各病棟に先輩ができることで仕事が行いやすく、どの部署へ行っても声を掛けてもらえるなど明るく・優しい雰囲気もあります。各病棟スタッフ同士仲が良く、楽しく仕事を行えるのも大きな魅力だと思います。

Q5.他には負けない病院の一番の魅力を教えてください。
コメディカル研修やローテーション研修を行うことで他科との繋がり、横との繋がりも築けるので働きやすい環境だと思います。

Q6.働き始めて、今までに一番良かったこと・一番つらかった事はなんですか?
良かった事は退院された後も外来受診やリハビリ通院の際に毎回顔を出してくださる患者さんがいらっしゃって「入院していた時のあなたの笑顔や声かけに支えられた」と言われた時です。新人で何も分からなかった私を支えてくれたエピソードで今までも患者さんへの対応で悩む時に思い出します。
辛い時は患者さんが亡くなられた後「もっと話を聴けたのではないか。痛みを緩和できたのではないか。」など日々の関わりの中でもっと看護を行えたのではないか?等自分自身に向き合い振り返る時です。

Q7.施設内にある面白いイベントやルールがあれば教えてください。
新人歓迎会の際に新人同士でグループを組み(他部署混合)余興を行うのでその時に他部署の同期とも仲良くなれます。

Q8.今チャレンジしていることがあれば教えてください。
外部の勉強会に参加してスキルアップを目指します。

Q9.憧れの先輩はいらっしゃいますか?
時に厳しく、でも誰よりも常に患者さんのことを1番考えて看護をされている先輩看護師がいます。
「厳しくする」というのが少し苦手な私にとって、厳しさも患者さんに必要なことだと教えてくださいました。患者さんを思いやり看護をするという強さを先輩の姿を見て学びました。
忙しく、私自身に余裕がなくて患者さんの対応に悩む時もありますが、その時に先輩の対応を思い出して対応するように心がけています。

Q10.今後、どんな看護師になりたいですか?目標や夢を教えてください。
元々は急性期に対して苦手意識が強く私には無理だと思っていましたが、ローテーションシステムがあるから気負わずにいこうと思い、まずは循環器・心臓血管外科病棟へと希望を出しました。そこでは看護師長をはじめ先輩方がどんなに忙しくても声を掛けてくださり、急変の多い病棟でしたがサポートをして下さったお陰で1度も辞めたいと思うことなく楽しく仕事をさせてもらい、急性期に対する苦手意識もなくなりました。
そのお陰でHCUへ挑戦することができ、現在は重症患者さんの術前・術後の看護管理に奮闘しています。HCUでは鎮静管理を行ったり、術後せん妄や不穏が多いため患者さんの記憶には殆ど残っていないことが多いところですが、その中でも寄り添うことを忘れずに安心して入院生活を送れるようにサポートを行っていきたいです。
また、目の前の重症患者さんに優先順位を置きがちですが、心と身体は繋がっている事を忘れずにアセスメントできる看護師になりたいです。

Q11.求職者にメッセージをお願いします。
当院は救急病院なので忙しい事も多いですが、ローテーション研修を行うことで自分のしたい看護や新たな自分も見つけることができると思います。
急性期ならではのやりがいを感じることもできますし、数ある業務をこなせるようになることで患者さんに寄り添う時間を作るスキルもアップできると思います。

同じ病院のほかの声

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus