LINEで送る

みんなの声をさがす
1733

竹村 陽子 さん

病院 大分赤十字病院

地域 大分県

カテゴリ 認定/専門看護師

卒業校 富山医科薬科大学

知識を身につけることで、手の届く範囲が広がります

看護師として働き続けていく上で、管理者・教育者・専門職といったキャリアを考えたときに、私は患者さんと関わっていくことが好きだったので、専門職という道を選ぼうと思いました。
また、みんなと一緒に話し合い、考えて毎日のケアを行うのですが、なかなか解決せずに同じことが繰り返され、モヤモヤが続いていくというのが、勉強することによって解決の糸口を見出したいと考え、大学院への進学と専門看護師の資格取得を目指しました。

今はがん支援センターの相談室担当なので、相談に来られた患者さんや、電話での相談を受けています。また、外来の患者さんが、医師から病名の告知や、悪い説明をうけたりするときに私も同席してフォローを行います。
当院の看護師を対象とした相談もうけています。困っていることに対して、なぜそれに困っているのかを一緒に考え、これからどうしたらいいのかを共に見つけること、亡くなった患者さんの「デス・カンファレンス」を病棟のスタッフと一緒にすることも大切にしています。

デス・カンファレンスとは、亡くなった患者さんのことを振り返り、自分たちの出来た看護や、できなかったところ、心残りだったことについて話し合うことです。
今後、同じケースがあったときにより良い看護を提供して質の向上を図ることと、今感じていることを言葉にすることで、自分の気持ちを整理したり、他の人の考えを聞いたりして、前向きに日々の看護に取り組むことを目的としています。
また、専門看護師になると、院内だけでなく院外での活動も多くなります。
看護協会での講義や、専門学校や看護学生に対する授業、病院が主催する市民向けの講演会など、がんになったときの療養生活についてお話しすることもありますね。

私が資格を取得して良かったと感じるのは、これまでは所属病棟のスタッフや患者さん、チームメンバーなど、自分の手が届く範囲でしか関わることができていなかったのが、病院全体の看護の質向上や、市民向けの講演会など、より範囲を広げて関われるようになったことです。

当院では、資格取得を目指す方に対しての支援もありますので、興味がある人は一緒に頑張っていけたらいいなと思っています。

同じ病院のほかの声

イベント

Follow nasnus