LINEで送る

みんなの声をさがす
1744

布施 光紀 さん

病院 名古屋徳洲会総合病院(徳洲会)

地域 愛知県

カテゴリ 新人

卒業校 富山大学

目標にしたい看護師の先輩がたくさんいる病院です!

新人看護師としてデビューしてから3か月が経過しました。初めは目の前にはばかる未知の壁へどう対処していけばいいのかわからず、頭が真っ白になっていました。その壁の分厚さもわからず、ゴールが見えない気持ちでした。でも、今はちがいます。それは、支えてくれる先輩がたくさんいたからです。
当初の私にはその壁は厚く大きく見え、ただ触れてみることから始めました。仕事ができない自分、チームの足を引っ張っている自分。これがたまらなく嫌でいつも悔しい思いをしました。しかし、この悔しさこそが今の自分の原動力となっています。
先輩から教えていただいたことは自分の言葉に置き換えてまとめ、次で実践する。これを繰り返しているうちにできることが増えていきました。点滴を交換できるようになり、採血をとれるようになり、心電図も先輩に聞きながらですが読めるようになり…。まだまだ学生時代とたいして変わらない自分が、助けていただきながらも、看護師として業務をこなせるようになっています。
最近、点滴を詰めはじめましたが、シリンジの持ち方や角度、引き方など、少し苦戦しています。そして、今頑張っていることはアンプルから薬液を上手に吸うことです。

また、手技だけでなく、先輩と一緒に行動することで、自分と先輩の視野の広さに差があると気づきました。自分は患者様の表情、言葉、症状ばかりに目がいきますが、先輩は患者様を取り巻く環境まで見えています。名古屋徳洲会総合病院には目標にしたい看護師さんがたくさんおられ、本当に就職してよかったと思います。
以前、新人研修で“なりたい看護師像”を発表するグループワークがあり、私のグループでは責任感のある看護師、丁寧で笑顔の看護師、感情コントロールのできる看護師、信頼される看護師、気持ちに寄り添える看護師などがあがりました。どれも看護師として大切な姿だとおもいますが、今、私自身は「気の利く看護師」を目指したいと思っています。

入職して4か月目に入り、これからはできる手技ばかりでなく、“できる看護”を増やし、先輩のように広い視野を養い、日々、点の看護にならないように気を付けて頑張りたいと思います。

同じ病院のほかの声

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus