LINEで送る

ナースナースインタビュー Vol.32 赤十字の救護員として。大切なのは寄り添って受け止める事|大分赤十字病院 甲斐 登志枝

2017年7月5日から6日にかけて、福岡県と大分県を中心とする九州北部で発生した集中豪雨。多くの方は被災、避難を余儀なくされました。 実際にその場へ救護員として訪れた甲斐さんが見たもの、感じたこととは…? 赤十字だからこそできる災害救護の活動についても語って頂きました。

―九州北部豪雨災害では救護活動の基盤作りを

私はH29年7月8日に救護班として日田市の被災地に行きました。 災害が起きて間もなかったため、現地の保健所の方達は情報収集をしている段階でした。 そこで私たちは現地で今後活動していく場の環境を整えていくことから始めました。今後医療チームが情報交換する場となる部屋で、各避難所の連絡先や人数、配慮が必要な人の有無やライフラインの状況を壁に掲示し、後にやって来る救護班員がすぐにわかるようにしました。

その後、福岡県の朝倉に近いところに向かいました。公民館などで避難されている方の巡回診療を行いましたが、医療ニーズはあまり多くありませんでした。現地の医療機関が診療を継続できていたことや、避難を呼びかける消防士さんから「持病のある方は普段飲んでいるお薬を必ず持参して下さい」という声掛けがあったことも良かったと思います。

HuMAというチームがあって、支援が得られました。熊本震災の際にもHuMAが活躍していたのですがその際にどのように情報共有したかを聞き参考にしましたね。こういう方々が私たちを支援してくれますが、表立っては出てこない方達です。そういった多くの方々がいてくれることもぜひ知ってほしいです。

―東日本大震災・揺れ動く感情を前にして

2011年、私は福島にも救護班として訪れました。私にとって初めての救護活動だったのですが、一緒に行った方々がベテランだったので、しっかりサポートしてくださり、現地では不安なく与えられた役割を果たすことが出来ました。

石巻の人たちは、みんな「前向きに頑張るしかない」といった言葉が聞かれたようですが、福島の方々からは前向きな言葉は聞かれませんでした。 見通しの立たない将来に対する不安な気持ちが一瞬でも軽くなるように、そのような言葉を全身で受け止め、時間が許す限り一人ひとりゆっくり話を聞きました。

話を聞いているときはこちらも苦しくなる思いだったので、一緒に行ったスタッフと夜はその日にあったことを話すようにしていましたね。そうすることで自分たちの感情も整理していたんだと思います。

印象的だったことは、自分が福島出身ということを言えないような差別的な風評被害を受けたり、震災の被害者なのに加害者のような気持ちになってしまう方がいらっしゃったことです。そういった方々にどれだけ私が心のケアをできたのかわかりませんが、今でも福島のニュースを見たときは巡回診療した方々の顔が目に浮かびます。

―赤十字の災害派遣活動

赤十字に入社してから全職員に災害に関しての研修があります。誰でも行けるようにしているのも赤十字の強みです。 赤十字は救護活動する組織がしっかりしています。救護班には、医師や看護師と共に救護活動がスムーズに行えるようロジスティック支援をしてくれる人たちがいて、情報収集や安全なルート確認や移送などを行ってくれます。このように私たちはチームで救護活動を行います。

急性期のことも訓練しますが、福島のようなところに災害発生時から一か月以上経っていく場合には心のケアに重点が置かれます。 なので、その訓練も全職員受けることになっています。心のケアは、相手がどのような気持ちでいるからどういう風に接するとか、どういう風にマッサージをしたら気持ちが落ち着くかなどスキンシップ法も学びます。 

災害救護において、被災者の気持ちを理解して支援していくことが何よりも重要だと強く感じます。


時折、活動当時を思い出し言葉に詰まりながらお話して頂いた甲斐さん。「被災者の方に寄り添って」…それを実際に行う難しさを感じながら、悩みながら活動されていた姿を想像しました。「私たちが実際に現場にいかない平穏な毎日が一番です。ですが何か起きた時には赤十字の一員としていつでも、だれでも向かえるようにしたい」と優しく、力強くおっしゃっていた姿が印象的でした。
インタビュアー:久門



●ナスナスでは、医師や看護師をはじめ、様々な分野で活躍されている人々をインタビューしています。また、全国の病院で働く先輩看護師検索や、電子化された全国の病院パンフレットが無料で検索から閲覧までできる業界初の新感覚サイトを通して、看護師・看護学生の就職活動と、病院の効率的な採用活動をサポートしています。



【バックナンバー】

イベント

Follow nasnus
病院掲載リクエスト
ナス子とナス男 募集します!