LINEで送る

ナースナースインタビュー Vol.21 『あなたにしかできない看護』が必ずあります|三田市民病院 看護部長 梅田智子

1年目にしかできない看護がある

高校時代にバドミントンの練習中にアキレス腱を切ってしまって、病院で入院・手術を経験しました。その時私は髪が腰くらいまであって、汗をかいて頭がとても気持ち悪くって、でも恥ずかしくてなかなか言い出せなくて・・・担当して下さった看護師さんが、多分まだ入って一ヶ月くらいの新人さんだったんですがとても一生懸命な良い方で、思い切って「髪を洗うことが出来ますか?」と聞いてみました。そしたら彼女は「気づいてあげられなくて、そんなことを言わせてしまって本当にごめんね」と私にすごく謝罪をされたんです。汗だくになって1人で私の長い髪を洗ってくれました。 そんな彼女の「申し訳ない」という感性がその時とても衝撃的だったんです。人に対してこんな感動と癒しを与えられる仕事ってすごい!こんな人になりたい!そう思いました。 それまでは音楽教師を目指していたんですが、これがきっかけで看護師を目指すようになりました。
今でも1年目の皆さんに言うんですが、この新人看護師さんのように1年目の時にしかできない看護ってあるんです。この人なら受け止めてくれるんじゃないか、この人なら何でも言えると思える人に、新人・ベテランは関係ないんです。今でも、自分もそんな風になれたか?と振り返りますが、まだまだだなぁ・・・と思います。

学び続ける覚悟を

三田市民病院 看護部長

私は学校卒業後すぐに結婚・出産・子育てに入ったので、1年目の時に受けるような基礎教育を受けていないんです。どこか周りの同級生たちから取り残されているような気持ちがありました。 35歳から本格的に常勤で看護師として働きだしましたが、それまでの時間を埋めるためにいろんな研修に行ったり放送大学に入って2年間で単位を取る!と自分に負荷をかけたり、とにかく学ぶ為にいろいろ挑戦しました。その時に医療の仕事をする上で積み重ねること、学び続ける努力をすることの大切さを実感しました。
年齢・国籍・職業関係なく、また亡くなった方のご家族にまで介入出来る仕事って看護師ならではだと思いますし、この仕事の大きな魅力です。これから看護師になる皆さんには、まずそのことを伝えたい。その為に必要なことが日々学ぶことです。
一人として同じ疾患や同じ背景の人はいません。生身の患者さんに対してどれだけバリエーション多く適切な看護を提供出来るか。その為には専門職として学ぶことを停滞させてしまっては、医療をしていく人間として倫理に反するんじゃないか、と私は考えています。免許を取ることがゴールではなく、そこから学び続けることが看護師としての義務です。学び続ける覚悟をどうか持って下さい。

現場で働くスタッフたちを誇りに思う時

私が師長のころ、病棟で朝方4時ごろにポータブルトイレをもって夜勤者が3人くらい集まって、その中を覗いて嬉しそうに笑っていたんです。ずっと絶食状態だった人が少しずつ食事ができるようになって、こんなにいいトイレが出た!と喜んでいたんですよ。それを見た時、本当に本当に嬉しくて。患者さんのことを思って、こんなに患者さんの回復を喜べる感性を持ったスタッフが働いている、そんな場所で自分が師長をさせてもらってることをとても有難いと思いました。 「こういう状況を、スタッフを、ずっと大切にしていきたい、見守っていきたい」管理者としての覚悟ができた出来事でした。
管理者になりつくづく思うのは、現場で働く看護師たちのことを患者さんが褒めて下さることは、自分が褒められるときより嬉しいということ。患者さんの前で良い看護が出来ているんだなぁと感じるたび、誇りに思います。 もちろん感動だけでなく、苦しみや慟哭や焦り、どうしようもないせつなさを経験することもあるけれど、それは自分として看護師としての成長や厚みに必ず繋がっていきます。豊かに生きる為には積み重ねていくことが大切です。

「看護師になってよかった」と感じてもらうために

三田市民病院 看護部長

この病院は、患者さんの為に何が出来るか。それをあきらめずにとことん話し合って考えるスタッフが多いです。面倒見の良い先輩が多いのもうちの強みですね。 そして看護キャリア発達学修士を持つ教育専従課長がいるので、スタッフの個性に合わせたきめ細かい教育が出来ることが魅力です。
それに三田は緑が豊かでとても住みやすい所ですよ!私も三田が大好きです。

24時間患者さんのそばで、暑い日も寒い日もそこから逃げずに患者さんに向き合って、最前線で働いているスタッフが「看護師になってよかった」と思えるような環境をつくること。それに向かって努力することが今の私の一番の仕事だと思っています。
これからも多くの皆さんとのご縁、楽しみにしています。



●ナスナスでは、医師や看護師をはじめ、様々な分野で活躍されている人々をインタビューしています。また、全国の病院で働く先輩看護師検索や、電子化された全国の病院パンフレットが無料で検索から閲覧までできる業界初の新感覚サイトを通して、看護師・看護学生の就職活動と、病院の効率的な採用活動をサポートしています。



【バックナンバー】

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus
病院掲載リクエスト
ナス子とナス男 募集します!