横浜市立みなと赤十字病院


寮あり
保育施設あり
奨学金なし

横浜市立みなと赤十字病院

勤務地:神奈川県 職種:看護師、保健師、助産師 専門

一般 精神

横浜市立みなと赤十字病院は横浜市のみなとみらい地区に位置し、近隣には横浜中華街・元町・山下公園等々…人気のレジャースポットが数多くあります。

当院は今後、さらなる医療、看護の質向上をするために、看護師の拡充をはかっております。
救命救急センターをはじめ、さまざまな状況の患者さんの看護実践のチャンスがあります。

また多くの学びのチャンスもあります。
新人教育では、1年間のプリセプターシップ制をとっています。
新人(プリセプティ)1名にプリセプターが1名つき、指導ではなく一緒に学べることを心がけ、常に身近な存在として関わっています。

また、プリセプターにサポートがつき支援するなど、スタッフ全員で新人教育に関わっていきます。
そのような関係がお互いの成長にも繋がっていく「共に育つ」「共に育む」ことがいわゆる当院看護部の教育キーワードとしての「共育」です。

また、全国にある赤十字医療施設共通の継続教育システム「赤十字医療施設のキャリア開発ラダー」に準じ、「横浜市立みなと赤十字病院キャリア開発ラダー」システムで現任教育をおこなっています。主体的に学び考える意欲のある方には最適な環境であると思います。

みなとの充実した現任教育を活用して看護専門職としての基礎をがっちり固めていきたい方、自身のキャリアを拡充したい方、ぜひみなとナースに加わって一緒に成長しましょう。

所在地 〒231-0801 神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
TEL 045-628-6100
FAX 045-628-6101
病床数 634床(一般:584床、精神:50床)
※平成17年4月は一般584床で開設 、精神50床は平成19年度開床
診療科目 内科、糖尿病内分泌内科、血液内科、腎臓内科、膠原病リウマチ内科、緩和ケアセンター、呼吸器内科、消化器内科、肝・胆・膵内科、心臓不整脈先進診療科、心臓血管先進診療科、神経内科、総合アレルギー内科、喘息アレルギー内科、精神科、小児科、外科、救急外科、食道・胃外科、大腸外科、肝・胆・膵外科、乳腺外科、整形外科、整形・脊椎外科、整形・関節外科、手外科・上肢外傷整形外科、脳神経外科、間脳下垂体外科、形成外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、婦人腫瘍外科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、歯科口腔外科、救急部、集中治療部、病理診断部
看護配置基準 7対1
救急指定 神奈川県救命救急センター/救急告示病院/第3次救急指定病院
URL http://www.yokohama.jrc.or.jp/yokohama_nurse/
ナスナススタッフから一言
横浜のみなとみらいに位置するきれいな病院です。
横浜中華街、山下公園などの有名スポットも近く、プライベートも充実できる環境です。
ナースのブログも公開中で仕事風景やアフター5のプライベートな情報も発信しています。ぜひ見てみてください。
http://ameblo.jp/minato-nurse/

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

新卒募集要項中途募集要項みんなの声イベント

中川 幸枝 さん

病院 横浜市立みなと赤十字病院

地域 神奈川県

カテゴリ 認定/専門看護師

卒業校 横浜赤十字看護専門学校

看護はいつまでたっても終わりがなく、追及できる楽しい仕事!

■ナースになろうとしたきっかけを教えてください。
もともとは看護師になろうと思っていなかったんです。
好きだった音楽の勉強をしていたんですけど、音大を辞めてしまって。これから何をしようかと考えたときに、がんで入院した叔父の姿を見て、がんに苦しむ人の助けになりたいと思ったのがきっかけです。

■認定看護師の資格を取得しようと思ったきっかけを教えてください。
育児中にパートで福祉の仕事をしていたのですが、ホスピスや緩和ケアをやりたいと思うようになりました。
育児が落ち着いたら看護師としてまた仕事がしたいと考えていたので、病院に戻るか福祉で働くか迷ったのですが、もしホスピスや緩和ケアをやりたいのであれば今病院に戻らないと看護師として働けないかもしれないと思い、病院に戻ると決めました。
その当時は、ホスピスや緩和ケアがある病院が少なく、いつか勤務できれば、、、という思いで再就職したところ、緩和ケア病棟ができるという話を聞いて、希望したら配属していただけました。
今後、緩和ケアで勤務していくのであればもっと専門的な知識を勉強したいと思いがん性疼痛の認定看護師になろうと思いました。

■資格を取得する際の病院のバックアップ体制はどうでしたか?
7か月くらい学校に行くのですが、その間は出張扱いにして頂けました。
『病院の事は全て任せてください!』と言って送り出してもらえたので、安心して学業に専念できました。

■資格取得後にどのような心境の変化がありましたか?
資格を取得する前は、“勉強をして知識やノウハウを身に着ける”という気持ちでいたのですが、実際取得して病院に戻ってみると、知識だけではなくて、皆を巻き込んで、組織の中で認定としてどう仕事をしていくのか?と考えなければならなかったり(認定になっても部署で配属になりますので)自分が知識を提供しなくてもできる人たちの中で私はどうすればいいのか?と模索したりする時期がありました。

でも最近では、一スタッフでは見えないことが見えるようになり、病棟だけではなく、がんセンターとしての役割も担っています。現在がんサロンを担当しているのですが、『患者さんが望んでいることは何だろう』『こういう風にやっていきたい』と考えながら働いていると認定を取得してよかったなと思います。
認定でなければできなかった仕事を頂き、広い視野で周りを見ることができるようになりました。

■今後どんな看護師になりたいかですか?目標や夢はありますか?
がん看護を基盤に、後輩看護師達のやりがいを見つける手助けをしていきたいです。『看護って楽しい!』『私ってこんな事できるんだ!』と1人1人がやりがいを持てる看護をお手伝いしたいと思っています。
看護師ってやっぱり忙しいので疲弊しちゃうんですけど、看護師として自分はこんな事ができる!という事に気付けるような働きかけをしていきたいと思っています。

■学生さんメッセージ
看護はいつまでたっても終わりがなく、追及できる楽しい仕事だということを伝えたいです。
今は“大変だ”と思うことが多いと思いますが、人として自分の成長につながる、やりがいのある仕事です。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

イベント

Follow nasnus