武蔵野赤十字病院 (日本赤十字社)


寮あり
保育施設あり
奨学金あり

武蔵野赤十字病院 (日本赤十字社)

勤務地:東京都 職種:看護師、助産師 専門

一般

武蔵野赤十字病院は東京都武蔵野市にあります。
新宿に30分程度で行ける立地ですが、周囲には緑も多く、井の頭公園や小金井公園という桜の美しい公園にも近いところです。
急性期と慢性期の融合とバランスを重視した看護が求められている当院では、看護領域が幅広く、個人個人のキャリアプラン形成がとてもしやすい環境です。
当院では、専門職として時代に即応した質の高い看護を提供できる看護師を育成するために、継続教育に力を入れています。入職時には、1日も早く職場に慣れるようチューター制度を取り入れています。個人を大切にし、それぞれのキャリア形成を支援していくために、段階別・専門領域などの院内集合教育と、看護協会・日本赤十字社・各種学会などの院外研修も積極的に推奨しています。

また、教育面だけではなく安心して働ける環境づくりにも注力しています。
1階フロアのカフェ・タリーズは、福利厚生の一環として割引価格での利用が可能です。
個室の独身寮を病院敷地内に完備。個室だからプライバシーも保てますし、困ったときは同期や先輩がいるから安心です!
職員食堂では栄養たっぷりの日替わりメニューが1回400円で食べ放題!職種を問わず大人気です。
そして、院内に職員用の保育所がありますので、ママになっても安心して働くことができます。

ひとりひとりの個性を尊重し、大切に育ててゆく「愛の病院」で一緒に働きませんか。

是非お問合せをお待ちしています。




所在地 〒180-8610 東京都武蔵野市境南町1-26-1
TEL 0422-32-3111
FAX 0422-32-3525
病床数 611床(一般:528床、ICU:8床、HCU:22床、CCU:6床、SCU:9床、NICU:6床、GCU:12床、感染症:20床)
診療科目 総合診療科、膠原病・リウマチ内科、感染症科、腎臓内科、血液内科、腫瘍内科、内分泌代謝科、循環器科、消化器科、呼吸器科、神経内科、外科、乳腺科、心臓血管外科、呼吸器外科、整形外科、産婦人科、小児科、新生児科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、眼科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、脳神経外科、心療内科・精神科、形成外科、麻酔科、リハビリテーション科、特殊歯科・口腔外科、病理診断科、緩和ケア科
看護配置基準 7対1
救急指定 三次救急医療施設病院、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院(東京都災害時後方医療施設)、日本DMAT・東京DMAT指定病院
URL http://www.musashinojrc-nurse.com/
ナスナススタッフから一言
急性期病院として、また地域の赤十字病院として急性期と慢性期が融合している病院です。
教育精度も個人にあった教育をしてくれるので、コツコツ学びたい人にも合っているのではないかと思います。
また、院内に保育所もありますからママさんナースも安心ですね。

院内のタリーズコーヒーが特別価格で利用できるのは羨ましいです。。。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

新卒募集要項中途募集要項みんなの声イベント

I.M さん

病院 武蔵野赤十字病院 (日本赤十字社)

地域 東京都

カテゴリ 新人

卒業校 佐久大学

患者さんの思いに寄り添うことができる看護師

1.当院を選んだ理由/実際に働いてみて
患者さんの会話や表情、仕草などから、患者さんの思いを受け止め、その思いに寄り添うことが出来る看護師になりたいと思っています。当院の看護部理念である「4つの愛への心を高め、ひとりひとりを尊重した看護の実践」という看護部理念が、自分の目指す看護師像と重なったためです。また、私は災害看護や国際看護に興味があります。当院ではそれらの分野で活躍されている看護師がいらっしゃるため、私も将来同じように活躍できるようになりたいと思い、当院を選びました。

2.現在働いている部署はどんな看護をするところか
現在、整形外科病棟で働いています。
全身の様々な箇所の骨折や靱帯損傷などにより手術した患者さんの手術後の看護を行ったり、術後なるべく早期に退院、転院できるよう看護しています。

3.教育やサポート体制について
R-6病棟で多い疾患について、症状や観察項目、看護についてまとめていただいた勉強会を先輩方が行ってくださっているため、とても分かりやすいです。
また、チューターさんをはじめ先輩方が、分からないことや悩みを聞いてくださり、
それに対し丁寧に教えて下さいます。

4.大変なこと、困ったことについて
疾患や薬などの直接患者さんに関わるものだけでなく、日々の業務に関することなど、様々なことに対して覚えなくてはいけないことが多いので大変です。また、知識がないと1つ1つのことに対して判断しアセスメントすることができないため、日々自分の知識不足を痛感し、もっと勉強しなくてはいけないと思っています。また、悩みや疑問点について同僚に相談することも多いです。

6.オフの過ごし方
家でゆっくりしたり、分からないことの復習をしています。また、同僚や大学時代の同期、地元の友達と会うことでリフレッシュしています。

7.今後について
現在は、何に対しても知識が足りないため、もっと様々なことに対し勉強し知識をつけることで、自信を持って患者さんと向き合えるようにしたいです。
今は目の前のことに向き合うことで精一杯ですが、興味のある災害看護や国際看護について少しでも知れるように、講義を聞いたり英語を習うなど、実際に行動していきたいと思っています。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

イベント

Follow nasnus