武蔵野赤十字病院 (日本赤十字社)


寮あり
保育施設あり
奨学金あり

武蔵野赤十字病院 (日本赤十字社)

勤務地:東京都 職種:看護師、助産師 専門

一般

武蔵野赤十字病院は東京都武蔵野市にあります。
新宿に30分程度で行ける立地ですが、周囲には緑も多く、井の頭公園や小金井公園という桜の美しい公園にも近いところです。
急性期と慢性期の融合とバランスを重視した看護が求められている当院では、看護領域が幅広く、個人個人のキャリアプラン形成がとてもしやすい環境です。
当院では、専門職として時代に即応した質の高い看護を提供できる看護師を育成するために、継続教育に力を入れています。入職時には、1日も早く職場に慣れるようチューター制度を取り入れています。個人を大切にし、それぞれのキャリア形成を支援していくために、段階別・専門領域などの院内集合教育と、看護協会・日本赤十字社・各種学会などの院外研修も積極的に推奨しています。

また、教育面だけではなく安心して働ける環境づくりにも注力しています。
1階フロアのカフェ・タリーズは、福利厚生の一環として割引価格での利用が可能です。
個室の独身寮を病院敷地内に完備。個室だからプライバシーも保てますし、困ったときは同期や先輩がいるから安心です!
職員食堂では栄養たっぷりの日替わりメニューが1回400円で食べ放題!職種を問わず大人気です。
そして、院内に職員用の保育所がありますので、ママになっても安心して働くことができます。

ひとりひとりの個性を尊重し、大切に育ててゆく「愛の病院」で一緒に働きませんか。

是非お問合せをお待ちしています。




所在地 〒180-8610 東京都武蔵野市境南町1-26-1
TEL 0422-32-3111
FAX 0422-32-3525
病床数 611床(一般:528床、ICU:8床、HCU:22床、CCU:6床、SCU:9床、NICU:6床、GCU:12床、感染症:20床)
診療科目 総合診療科、膠原病・リウマチ内科、感染症科、腎臓内科、血液内科、腫瘍内科、内分泌代謝科、循環器科、消化器科、呼吸器科、神経内科、外科、乳腺科、心臓血管外科、呼吸器外科、整形外科、産婦人科、小児科、新生児科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、眼科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、脳神経外科、心療内科・精神科、形成外科、麻酔科、リハビリテーション科、特殊歯科・口腔外科、病理診断科、緩和ケア科
看護配置基準 7対1
救急指定 三次救急医療施設病院、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院(東京都災害時後方医療施設)、日本DMAT・東京DMAT指定病院
URL http://www.musashinojrc-nurse.com/
ナスナススタッフから一言
急性期病院として、また地域の赤十字病院として急性期と慢性期が融合している病院です。
教育精度も個人にあった教育をしてくれるので、コツコツ学びたい人にも合っているのではないかと思います。
また、院内に保育所もありますからママさんナースも安心ですね。

院内のタリーズコーヒーが特別価格で利用できるのは羨ましいです。。。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

新卒募集要項中途募集要項みんなの声イベント

K.A さん

病院 武蔵野赤十字病院 (日本赤十字社)

地域 東京都

カテゴリ 新人

卒業校 高知県立大学

患者様だけでなく、職員も大切に!

1.当院を選んだ理由はなんですか?実際に働いてみてどうですか?
当初は救急医療や災害医療に魅力を感じたことがきっかけでした。しかし、実際にインターンシップに参加してみて、職場の雰囲気の良さを実感し当院で働きたいと思い志望しました。病院の理念に基づき、患者様だけではなく、職員の一人一人を大切にしていることに大変魅力を感じたためです。働き始めてからは、一人一人を大切にしていることだけではなく、教育体制の充実さも実感しています。

2.教育やサポート体制はどうですか?
私の働いている部署はGICUと言い、院内急変の方や術後管理が必要な方が入院されるところです。そのため、幅広い知識や技術が求められるのですが、勉強・技術の両方のチェックリストがあり、自身がどんなことができて、できないのか客観的にとらえることができ、また自身だけではなく先輩方もそのことを気にかけてくれるので、経験が浅い私にとってとても安心できる環境です。

3.大変なこと、困ったことはなんですか?また、どのように乗り越えてきましたか?
大変なことは先述したようにいろいろな疾患を持たれた患者様が入院されるため、勉強量が多かったり、患者様の重症度が高かったりすることです。そのため、勉強のチェックリストを用い、先輩方からのアドバイスや、先輩方がどのようなところに注意して看護しているのかを学び乗り越えるようにしています。また、些細なミスが患者様の安全に大きく影響するため、どんなに忙しくても確認は必ずするという心構えを持ち看護するように注意しています。

4.生活はしやすいですか?
最初は夜勤に慣れなかったのですが、経験を重ねるにつれて体が慣れてきつつあります。院内寮に住んでいるため、仕事後はすぐに家に帰れ、休めることが大きいと思いました。

5.オフはどのように過ごしていますか?気分転換はどのようにしていますか?
休みの日は同期と温泉や食事などに行ったりし休日の内に疲れを取りリフレッシュできるように意識して過ごしています。また、受け持った患者様で勉強が足りなかったと思ったことについて調べたりするなどもしています。


6.今後取り組んでいきたいこと、夢などはありますか?
今後はまず今の部署で一人前になれるように頑張っていきたいと思います。それから就職前に興味のあった災害看護についてより学びを深めることができればと思います。

8.後輩に伝えたいこと。
様々な就職先があると思いますが、私は自身の看護観とずれがないか、新人教育はどのように行われているのか、自身の行いたいことがその就職先で行えるのかどうかに重きを置いて就職活動を行いました。国家試験の勉強や実習、卒論などと並行して就職活動を行っていくと思いますが体調を崩さないように頑張ってください。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

イベント

Follow nasnus