武蔵野赤十字病院 (日本赤十字社)


寮あり
保育施設あり
奨学金あり

武蔵野赤十字病院 (日本赤十字社)

勤務地:東京都 職種:看護師、助産師 専門

一般

武蔵野赤十字病院は東京都武蔵野市にあります。
新宿に30分程度で行ける立地ですが、周囲には緑も多く、井の頭公園や小金井公園という桜の美しい公園にも近いところです。
急性期と慢性期の融合とバランスを重視した看護が求められている当院では、看護領域が幅広く、個人個人のキャリアプラン形成がとてもしやすい環境です。
当院では、専門職として時代に即応した質の高い看護を提供できる看護師を育成するために、継続教育に力を入れています。入職時には、1日も早く職場に慣れるようチューター制度を取り入れています。個人を大切にし、それぞれのキャリア形成を支援していくために、段階別・専門領域などの院内集合教育と、看護協会・日本赤十字社・各種学会などの院外研修も積極的に推奨しています。

また、教育面だけではなく安心して働ける環境づくりにも注力しています。
1階フロアのカフェ・タリーズは、福利厚生の一環として割引価格での利用が可能です。
個室の独身寮を病院敷地内に完備。個室だからプライバシーも保てますし、困ったときは同期や先輩がいるから安心です!
職員食堂では栄養たっぷりの日替わりメニューが1回400円で食べ放題!職種を問わず大人気です。
そして、院内に職員用の保育所がありますので、ママになっても安心して働くことができます。

ひとりひとりの個性を尊重し、大切に育ててゆく「愛の病院」で一緒に働きませんか。

是非お問合せをお待ちしています。




所在地 〒180-8610 東京都武蔵野市境南町1-26-1
TEL 0422-32-3111
FAX 0422-32-3525
病床数 611床(一般:528床、ICU:8床、HCU:22床、CCU:6床、SCU:9床、NICU:6床、GCU:12床、感染症:20床)
診療科目 総合診療科、膠原病・リウマチ内科、感染症科、腎臓内科、血液内科、腫瘍内科、内分泌代謝科、循環器科、消化器科、呼吸器科、神経内科、外科、乳腺科、心臓血管外科、呼吸器外科、整形外科、産婦人科、小児科、新生児科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、眼科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、脳神経外科、心療内科・精神科、形成外科、麻酔科、リハビリテーション科、特殊歯科・口腔外科、病理診断科、緩和ケア科
看護配置基準 7対1
救急指定 三次救急医療施設病院、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院(東京都災害時後方医療施設)、日本DMAT・東京DMAT指定病院
URL http://www.musashinojrc-nurse.com/
ナスナススタッフから一言
急性期病院として、また地域の赤十字病院として急性期と慢性期が融合している病院です。
教育精度も個人にあった教育をしてくれるので、コツコツ学びたい人にも合っているのではないかと思います。
また、院内に保育所もありますからママさんナースも安心ですね。

院内のタリーズコーヒーが特別価格で利用できるのは羨ましいです。。。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

新卒募集要項中途募集要項みんなの声イベント

Y.S さん

病院 武蔵野赤十字病院 (日本赤十字社)

地域 東京都

カテゴリ 新人

卒業校 東都医療大学

地域周産期母子医療センター

1.当院を選んだ理由、実際に働いてみてどうですか?
私が武蔵野赤十字病院を選んだ一つの理由として、地域周産期母子医療センターであることです。ハイリスクの妊産褥婦が増えるなかで助産師としてそれらに対応できるような、知識・技術を習得したいと思いました。また分娩件数も年間1000件を超えるため、様々な経験ができると考えこの病院を選択しました。
実際に働いてみて、母と子2人の命を扱うという責任感を感じながら、様々な妊産褥婦を受け持たせてもらう中で日々新しいことを学ぶことが出来ています。

2.現在働いている部署はどんな看護をするところですか?
私が現在所属している部署は、産婦人科病棟です。この病棟では分娩をする方はもちろん、入院管理の必要な妊婦さんや分娩後の褥婦さんに対して看護を行っています。また外科療法を受ける婦人科の方もいます。

3.教育やサポート体制はどうですか?
入職してから1年間は基礎看護技術や薬剤など日々の業務に関わる様々な集合研修が定期的に行われています。また、それぞれの配属された病棟でも勉強会や技術チェックなどがあります。教育・サポート体制はとても手厚く、整っていると感じています。

4.大変なこと困ったことは何か、どのように乗り越えてきましたか?
就職して初めの頃、業務の中で分からない疾患等があった際に自己学習が間に合わなくなり大変なことがありました。その時は、チューターや教育担当の先輩と現在の勉強の進行状況や勉強方法など丁寧に相談・指導してもらったおかげで乗り越えることができました。

5.生活はしやすいですか?
自分が想像していたより休日がしっかりあるため、体調の調整などもしやすい環境だと思います。

6.オフはどのように過ごしていますか?また、気分転換はどのようにしてますか?
現在私は一人暮らしをしているので、休日は部屋掃除などを行っています。また、新宿など買い物ができるエリアまで電車で30分程度の距離に住んでいるため、出かけて気分転換をしています。
 
7.今後取り組んでいきたいことや夢などはありますか?
現在は産褥ケアチームに所属し、母乳育児に向けたケアを行っています。分からない事も多く、日々勉強をしていますが今後は院外での研修などにも参加して自分の知識を増やしていきたいと考えています。

8.後輩に伝えたいことはありますか?
たくさんの病院がある中から自分のやりたいことを考え、自分に合った病院を探すことはとても大変な事だと思います。まずは病院説明会やインターンシップへ参加し、実際にそこで働いている人の声や病院の雰囲気を確認することが大切だと思います。まずは説明会やインターンシップに参加して、いろいろ気になることを聞いてみることがいいと思います。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

イベント

Follow nasnus