大分赤十字病院


寮なし
保育施設なし
奨学金なし

大分赤十字病院

勤務地:大分県 職種:看護師 専門

一般

 大分市の中心部に位置し、「救急・災害医療」「がん診療」「生活習慣病」において最良の医療提供を使命とする急性期病院です。「人道・博愛」の精神の基に、多くの専門的資格を持つ多職種医療チームが活発な活動をしています。互いに成長できる職種間の垣根の低さが自慢です。また、全国92医療施設で、災害派遣や施設間の交流等も盛んにおこなわれています。

当院の特徴は人材育成方針を明確に掲げ、職員の成長を促し、その成長を喜ぶ風土があることであり、教育・研修に力を入れ若い力を大切に育てます。
伝えたいことは、人間の尊厳を守る愛の心、その心を医療・看護で実践できる判断力・技術、さらに心を伝える笑顔とコミュニケーション力です。
笑顔と「ありがとう」の言葉があふれる病院を目指しています。

救護活動

新人教育の様子
所在地 〒870-0033 大分県大分市千代町3-2-37
TEL 097-532-6181
FAX 097-533-1207
病床数 一般:340床
診療科目 糖尿病・代謝内科、呼吸器内科、消化器内科、肝胆膵内科、循環器内科、リウマチ科、腎臓内科、小児科、外科、消化器外科、血管外科、整形外科、脳神経外科、神経内科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、救急科、病理診断科、肝胆膵センター、腎・泌尿器センター
看護配置基準 7対1
救急指定 救急告示病院/災害拠点指定病院
URL http://www.oitasekijyuji.jp/
ナスナススタッフから一言
大分駅から瀬戸内海方面へ歩くと見えてくる大分赤十字病院は、肝臓がんや肝切除では全国ベスト50病院に選ばれ、肝胆膵手術において九州ベスト10病院に選ばれる大分県の医療を支える病院です。がん看護や救急災害看護に興味のある方は、がん診療拠点病院、災害拠点病院にも選ばれている病院ですので、専門看護師・認定看護師を目指せるメリットが充実した病院です。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

新卒募集要項中途募集要項みんなの声イベント

松田英子 さん

病院 大分赤十字病院

地域 大分県

カテゴリ 師長

卒業校 埼玉赤十字看護専門学校

大分赤十字にきて良かったと看護師や患者さんに思ってほしい

大分赤十字病院の教育は日赤のキャリアラダーにのっとって教育企画をしています。
レベル1、2、3…と段階を踏んで教育をしていくのが特徴ですね。
加えて管理者には管理者ラダーというものがあり、赤十字には国際ラダーというのもキャリアラダーに入っています。

大枠は日本赤十字社の教育体制がメインですが、それに基づいて当院オリジナルの研修を組み込む形ですね。
大分赤十字だと…例えば「卒後3年目の看護研究」というものがあります。
これは入職して患者さんのことを自分で考えながら捉えられるようになり、一人前の看護師として成長した3年目に、研究的視点でまとめる力を養うという研修です。

これは当院オリジナルの研修なので教育の特徴ですね!
看護師が各個人で自分に関心のあるテーマを選び、先輩看護師や共同研究者が支援者としてパートナーを組みます。
さらに病棟の師長や係長がサポートをしながら、年に一回発表会を行います。

これは私自身の感想になりますが…
3年目のみんなは自分が興味を持ったことをちゃんと追求しようとしているなと感じますね。まとめる力もすごくあるなと思います。
文章を論理的にまとめられるし、パワーポイントを使ってのプレゼンの力がしっかりある。病棟や部門のサポートもしっかりあるなと思います。

現在は現状の研修内容がそのままでいいのか、もう少し段階的に整えた方がいいのか検討している所です。
あと私が新人さんと関わる場合、メンタル面へのアプローチが大切だと思っています。声掛けは随時行っているのですが、面談を適切な時期に、定期的に行えたらなと思っています。

新人さんからは、「できない自分に気づいた…」という相談が多いですね。
4月は先輩看護師に一生懸命ついていくんですけど、少しずつできる技術が増えていくと今度はそれができないというので落ち込むようです。
病棟では話せないということや、ちょっとプライベートに踏み込んだお話もするので心が落ち着いて安心して仕事ができる環境を作るのが大事かなと思っています。

みんな大分赤十字病院の一員なので、「こんな所に来なきゃよかった」とならないように、「ここで働いてよかったな」と思ってほしい。だからこそ1年かけて新人のサポートをしていくのが私の役目だと感じます。


また、新人さんと向き合う上で心掛けていることは、良かったことや嬉しかったことを通して「相手を承認する」ことですね。
1度でも承認してもらったことがあるとそれをきっかけに伸びて行った看護師もたくさん目にしたことがあります。
「自信をつける」ということはその看護師だけでなく、働くすべての看護師に影響すると思います。


私は子供のころにベトナム戦争や難民の映像を見て人の役に立ちたいと思ったのがきっかけで看護師になりました。
埼玉の専門学校に通いそのまま埼玉の赤十字病院に勤めました。
その後転勤制度を使って当院に何年か勤めた後、休職して大学に進学しました。
日赤には幹部看護師研修があり、1年間通っていたのですが、そこで出会った方々が通信教育などで大卒の資格を取っているのを見て刺激を受け、進学し看護管理を専攻したんです。
その後復職しましたが、今度は院に行った同級生に刺激を受けて。その時は退職して赤十字の大学院に進学しました。

進学したことにより人間関係や視野の幅が広がりましたね!
大学院時代の先輩で看護部長・副部長になっているかたもいらっしゃるし、そういう方にお話ししたり相談できるのは貴重です。
様々な領域の人たちと友人になったことで「勉強したりチャレンジすることが大事だな」と思えます。
師長になって教育に関わるようになると、研究の支援とか助言を求められることが増えたり、他の研修を行っているスタッフがいるとそこに対するアドバイスも出来ますし、物事の見方が少し変わったかなと思います。

今は病棟を離れたので、患者さんやご家族の方と接する機会がないのは少し寂しいですね。ありがとうと言ってもらえるのもうれしいですし、お話することで人として成長させてもらえるなと感じます。
また、看護師になって一人ひとりの意思を尊重し大事にすることを学びました。看護部の理念にもありますが、それを実践し患者さんやご家族にも「この病院に入院してよかったよ」と思ってもらいたいです。

「何か力になりたい」と思ったときに実践できるのは看護師です。
自分がされて良かったこと、してもらえてよかったことができますし、この病院を見ていると看護師みんなにその気持ちがあり、優しいと思います。

一人ひとりに向き合い看護師として成長したい人にとって、この病院はぴったりだと思います。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus