大分赤十字病院


寮なし
保育施設なし
奨学金なし

大分赤十字病院

勤務地:大分県 職種:看護師 専門

一般

 大分市の中心部に位置し、「救急・災害医療」「がん診療」「生活習慣病」において最良の医療提供を使命とする急性期病院です。「人道・博愛」の精神の基に、多くの専門的資格を持つ多職種医療チームが活発な活動をしています。互いに成長できる職種間の垣根の低さが自慢です。また、全国92医療施設で、災害派遣や施設間の交流等も盛んにおこなわれています。

当院の特徴は人材育成方針を明確に掲げ、職員の成長を促し、その成長を喜ぶ風土があることであり、教育・研修に力を入れ若い力を大切に育てます。
伝えたいことは、人間の尊厳を守る愛の心、その心を医療・看護で実践できる判断力・技術、さらに心を伝える笑顔とコミュニケーション力です。
笑顔と「ありがとう」の言葉があふれる病院を目指しています。

救護活動

新人教育の様子
所在地 〒870-0033 大分県大分市千代町3-2-37
TEL 097-532-6181
FAX 097-533-1207
病床数 一般:340床
診療科目 糖尿病・代謝内科、呼吸器内科、消化器内科、肝胆膵内科、循環器内科、リウマチ科、腎臓内科、小児科、外科、消化器外科、血管外科、整形外科、脳神経外科、神経内科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、救急科、病理診断科、肝胆膵センター、腎・泌尿器センター
看護配置基準 7対1
救急指定 救急告示病院/災害拠点指定病院
URL http://www.oitasekijyuji.jp/
ナスナススタッフから一言
大分駅から瀬戸内海方面へ歩くと見えてくる大分赤十字病院は、肝臓がんや肝切除では全国ベスト50病院に選ばれ、肝胆膵手術において九州ベスト10病院に選ばれる大分県の医療を支える病院です。がん看護や救急災害看護に興味のある方は、がん診療拠点病院、災害拠点病院にも選ばれている病院ですので、専門看護師・認定看護師を目指せるメリットが充実した病院です。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

新卒募集要項中途募集要項みんなの声イベント

鈴木翔子 さん

病院 大分赤十字病院

地域 大分県

カテゴリ 新人

卒業校 西南女学院大学

なんでも経験して知識を深めたい!

◆大分赤十字病に就職したきっかけは?
北九州の西南女学院大学に通っていました。
出身は大分だったので親のことも考えて大分で就職したいなと思いました。私は帝王切開でこの病院で生まれ、その後怪我で入院したときもここにお世話になり、何かと縁がありました。救急に進みたいと思っていたこともあり、急性期の病院で、学生の時見学に行った中で、ここが1番働きやすいかなと思いました。実際人間関係もとてもいいですね。

実際に半年働いてみて、イメージと違うことが多かったです。
実習の時は現場を見て学ぶというのもありますが、実際に看護師として働くと責任が伴いますよね。実習のときは現役の看護師さんに頼っていましたが、今は自分で判断して実施しなければならないので責任を感じます。

最初はできないことばかりで初めてすることに不安しかありませんでした。でも研修して経験を積んで、できるようになってくると嬉しいです!
パートナーシップの先輩も「経験が大きいので、今うまくいかなくてもあまり落ち込まずにどんどん挑戦していった方がいいよ」と言って下さって。そこは本当に大きかったですね。

仕事は大変ですがその分充実感はあります!
どの先輩も、相談したら丁寧に教えてくれます。自分が気づいていない視点からの助言もあります。 
まだ全然自立や独り立ちはできていないと思いますが、学生の時と比べて看護技術や患者さんを看る観察力はこの半年で変わりました。学生のときは自分の担当の患者さん1人を看ていましたが、今は1人じゃないですよね。

◆ピンバッチについている黄色のリボンが可愛いです!
胸に黄色いしるしを付けて新人とわかるようになっています!
でも、1つ言われたのは「新人だから許されるわけではない」ということですね。
患者さんからしたらみんな同じ看護師。もし失敗してしまっても許されるわけではないので、しっかり考えて行動しなくてはいけません。
就職してから1度、5月くらいに技術の面で思うようにできないことがあり、「こんなはずじゃなかった」、「向いてないのかな」って不安になったことがありました。その時、プリセプターさんが「今はできなくてもいいよ」と励ましてくださったことで、「みんな最初からできるわけではない」と思えるようになり、できることが増えてくると違ってきました。そこで立ち直れました。
注意や指導はしっかりと、でもできたときは褒めてくださるし、「これやっときます」って言ったときに「ありがとう!」と言ってもらえるとその一言が嬉しいですね!

◆イキイキ感が伝わります!
今は、充実しています。1日1日があっという間で。最初は「早く終わらんかな…」とか思っていましたが、その分今は時間が足りない感じですね。
できるようになったことが多い分、1つ1つを達成していかないと、つまずき後で響くので。
看護師の仕事は、時間処置といって同じ時間に決まったことをすることがあるのですが、患者さんは毎日同じじゃないんですよね。
今日は頭が痛いとかおっしゃったりするので、臨機応変に対応できるようにならなければいけないなと思います。

◆印象的な患者さんはいらっしゃいますか?
消化器の手術後の患者さんのお話になるのですが…。
ご飯が始まってお通じがでたら消化機能が戻ってきたことになるのですが、なかなか出ない方がいました。
患者さんも落ち込まれていたのですが、「今出なくてもお腹をさすったり動かしたりしたら出るかもしれませんよ」と声をかけ、次の日に「鈴木さん出ました!ありがとうございました!」と報告にきてくれました!
「自分の体のことが心配だったけど、鈴木さんに言われた通り歩いたりしてみたら出ました」と言ってくださって、一瞬の声掛けだったのにその患者さんにとってはプラスになったことが本当に嬉しかったんです。
業務の流れで何も考えずに言葉をかけるのではなくて、患者さんのことを考えて声掛け1つにしても大事だなと思いました。
あとは名前を覚えてくれる患者さんがいらっしゃるのは嬉しいですね。この患者さんにとって私は頼りにしてもらえているのかなと思えます。一歩ずつ徐々に成長していけているのかなと思えますね。

◆鈴木さんの看護師像を教えて下さい。
今、多くの先輩の看護や声掛けの仕方を学んでいっている中で、先輩の看護師さんが患者さんに「ここが痛いんです」と言われたときに「そうなんですか」と目線を合わせて話を聞き、見て、触ってからドクターに処置を聞きに行っているのを見てすごいなと思いました。
他の業務もある中で、患者さん一人一人にゆっくり関わりたくても、今は自分の決められた仕事でいっぱいいっぱいになっています。患者さんの前では余裕をもってゆっくり話を聞き、アセスメントして対応していけたらなと思います。
技術の面では経験が大切だと思うので、積極的にやっていこうと思っています。あとは正しい知識がないと判断できないので、そこは頭に入れておくこと!
ICUにも興味があったので、いずれはとも思っています!でもまず今の病棟の看護をしっかり学びたいです!

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

病院資料請求でもれなくプレゼント!

イベント

Follow nasnus
病院掲載リクエスト
ナス子とナス男 募集します!