大阪発達総合療育センター(南大阪小児リハビリテーション病院)


寮なし
保育施設なし
奨学金あり

大阪発達総合療育センター(南大阪小児リハビリテーション病院)

勤務地:大阪府 職種:看護師 大学

専門 精神

当センターで活躍できるのは、『待つことのできる人』『相手の思いを信じられる人』だと思います。
与えられた業務をさっさとこなして、手際の良さだけで評価して終わりという人ではありません。
毎日、何の反応もないように見える患者さんが、テレビをつけた時に示すほんのかすかな反応──。親御さんも気がつかなかったその反応に気づき、テレビを楽しんでいる反応を探ることができますか?
私たちとは違う体内時計を持つ患者さんに、そのリズムを知るためにジーっと見つめて待つことができますか?
私たちに必要なのはそういったこと。
だから、何かの働きかけに対して、反応を示そうと努力をしていると信じてほしい。

その反応を見いだし育てていくために医師・看護師・セラピストなど、さまざまな職種の人たちがチームを組んで患者さんの看護に取り組んでいます。

                       


-------------------------------------------------------------
     病院見学 随時受付中!!

  少しでもご興味のある方は、ナスナスのお問い合わせ
  ページからご応募ください。
  たくさんのご応募お待ちしております。

--------------------------------------------------------------

看護師さんが楽しく手術の説明中!

看護師さんに見守られて食事の時間。
所在地 〒546-0035 大阪府大阪市東住吉区山坂5-11-21
TEL 06-6699-8731
FAX 06-6699-8134
病床数 120床
診療科目 整形外科、小児科、歯科、リハビリテーション科、泌尿器科
看護配置基準 7:1
救急指定
URL http://osaka-drc.jp/nursing.html
ナスナススタッフから一言
特殊な病院ですが、患者さんに子どもさんが多い為かとても温かい雰囲気の病院です。自分の子どものように患者さんへ接する職員さんの姿はほのぼのとしていて、ゆったりとした時間の流れを感じます。重篤な患者さんの対応や急変が多い患者さんがいる中での夜勤など、大変さはあるかもしれませんが、専門性を究めたい方にはやりがいを感じられる病院だと思います。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

新卒募集要項中途募集要項みんなの声イベント

今和泉 緑 さん

病院 大阪発達総合療育センター(南大阪小児リハビリテーション病院)

地域 大阪府

カテゴリ 経験3年目以上

卒業校 鹿児島医療センター附属鹿児島看護学校

心の声を聞きたいんです

以前、総合病院の重症心身障がい者病棟で5年間勤めました。
いざ配属されると言葉でのコミュニケーションが難しく、どう関わったらいいのかと悩む時期もありました。
けれど素直で表情豊かな方々とたくさん出会い、ケアをすることで体調が安定し元気に過ごせたり、笑顔を見せてくれたりすることが嬉しく看護の魅力を感じました。
そしてそちらの病院で5年間勤務している中で、呼吸に関することに興味があることに気づきました。

「日常の中でもっとリハビリを取り入れることができれば患者さんがより良く安定した生活が送れるのではないか」と。
もっと勉強したいなと思ったときに当施設を見つけました。

見学に来た際、小さな子供が多く明るい空間だな!と印象に今でも残っています。
スタッフと利用者さんやそのご家族の雰囲気もとても良く自然と私もここで働きたいなぁと思っていました。またリハビリに力を入れていることも知り、PTやOTの常駐する環境で呼吸やリハビリについてより深く学びたいと思い入職を決めました。

現在はショートステイの病棟にいるのですが、数日間滞在して帰っていかれます。
はじめのうちは利用者さんの顔やお名前、それぞれの個別性もわかりませんでした。そのためが利用者さんに触れるのも怖くなり…。けれど先輩たちの指導もあり、2度目3度目と会う方も増えだんだんと慣れてきました。

ここにいる方々は食事の食べ方、呼吸の仕方や呼吸の状態も違い、
ドキドキしていたら怒っているのか、不快感なのか…何を表すサインなのかが違います。そういった感情は言葉ではなく脈拍や表情ですぐ教えてくれるんですよ。
分からない部分は先輩方やリハさん、ドクターにも聞くようにしています。その中でもご家族に聞くのが一番ですね。入退院や面会の時に日々の様子を伝えながら家での様子を聞けるように気を付けています。正直コミュニケーションを取るのは苦手なのですが、ご家族との関係が密なので自分も鍛えられるつもりで(笑)
一人ひとりの違いを理解するのは決して簡単なことではありませんが、その部分を共有できると利用者さんも安楽に過ごせます。

また患者さんと接する中、笑顔でいることは大切にしています!
そして難しいのですが「心の声」を聴くように心がけています。業務だけの関わりにならないよう多くの表情を読み取ったり、「今なぜこの表情をしているんだろう」、「なんで脈拍があがっているんだろう…」と疑問を持つようにしています。

私はリハビリや呼吸ケアに関わりたいと思いここに入職しました。
現在はショートステイにいるので短期間で利用者さんがお家と同じように過ごせる環境を整えるようと努めています。施設でもお家でしているリハビリやケアを続けてもらうことが目標です。

私は学生の頃、実習にすごく苦労しました…。
でもその中で重心看護に興味を持ったので、学生の皆さんも自分が何かに興味があるのか考えながら実習に行ってみてください。就職活動の時の大きな参考になると思いますよ!
重症心身障がい者という言葉は難しく聞こえるかもしれません。
ですが大阪発達総合医療センターではたくさんのスタッフがいてお互いに教え合いながら成長しています。その様子をぜひ見に来てくださいね!

季節ごとにかわいい装飾がされています!

この時期はハロウィンでした★

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

イベント

Follow nasnus