佐藤病院/男山病院(美杉会)


寮あり
保育施設あり
奨学金なし

佐藤病院/男山病院(美杉会)

勤務地:大阪府 職種:看護師、准看護師 大学

一般

 美杉会グループは、急性期医療を担う佐藤病院(120床 7:1)と男山病院(199床 7:1)を中心に、診療所、介護施設、在宅サービス等、大阪府枚方市・交野市、京都府八幡市において、医療・保健・介護を包括的にトータルヘルスケアサービスを実践しています。

多様な勤務形態を取り入れ、さまざまな働くステージがそろっていて、結婚・出産後も自分のライフサイクルに合った職場で、長く働き続けることができる働きやすい職場づくりに努めています。

 新人教育は、『自分の看護を見つけるためのローテーション研修!』新卒ナースがさまざまな分野の看護を経験することで、自分の目指す看護を見つけることができるローテーション研修を実施。外来、手術室、外科病棟、整形外科病棟、内科病棟での看護を経験した後、目標別に沿った研修を受けて配属デビューとなります。はじめから希望がある方は直接配属も可能です。

 男山病院では病院の機能向上を図り、第一期新築(平成24年8月完成)、第二期新築(平成26年3月完成)工事が完了しました。

社会医療法人美杉会グループでいっしょに働いてみませんか!奨学金貸与の相談も受け付けています。

-------------------------------------------------------------
     病院見学・採用試験 随時受付中!!

  少しでもご興味のある方は、ナスナスのお問い合わせページからご応募ください。
  たくさんのご応募お待ちしております。

--------------------------------------------------------------

大阪府がん診療拠点病院に指定されました!

WLBもバッチリ!働きやすい美杉会
所在地 〒573-1124 大阪府枚方市養父東町65-1
TEL 072-850-1811
FAX 072-868-3844
病床数 ■佐藤病院 120床
 (開放型病床5床、ICU[未認可]6床含む)
( 個室36床、2人室36床、4人室48床)
他 透析ベッド9床、人間ドック室2床、回復室2床

■男山病院 199床(平成24年8月新築第1期工事完成)
診療科目 ■佐藤病院
内科、外科・乳腺外科・肛門外科、整形外科・手外科・リウマチ科、眼科、循環器内科、消化器内科、血液内科、泌尿器科、皮膚科、リハビリテーション科、放射線科、放射線治療科、麻酔科、脳神経外科

■男山病院
内科、消化器内科、血液内科、外科・乳腺・肛門外科、整形外科・リウマチ科、小児科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
看護配置基準 7:1
救急指定 救急指定病院(2次救急)
URL http://www.misugikai.jp/misugikai_kangobu/index.html
ナスナススタッフから一言
佐藤病院は2つの病院と21の関連施設からなる美杉会グループの病院です。急性期から在宅医療までネットワークが充実しているので、一人の患者さんを長期的に看れるのも魅力の一つだと思います。
ベットタウンでもある樟葉は、京都にも大阪にも近いので、休日を楽しむにも非常にいい立地だと思います。

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

新卒募集要項中途募集要項みんなの声イベント

木下 明美 さん

病院 佐藤病院/男山病院(美杉会)

地域 大阪府

カテゴリ 看護部長/副部長

卒業校 天理看護学院

患者さんがいるから人として成長できる

佐藤病院に新入職されると最初の1年間は2週間の集合研修、そのあと前期・後期の研修です。
前期ローテーションでいろいろなところを見て、後期では前期で回った中からの選択制になります。その後、面談などを通して希望を聞いてから配属を決めます。
ラダー制度も整っており、研修期間も丁寧に教育します。
去年の離職率は0%でした!
一人ひとりのスピードに合わせた教育で伸び伸びと成長できます。

看護師はいろんなタイプの人たちがいてよいと思っています。
みんな同じでなければいけないというわけではなく、いろんな視点から患者さんを看られるほうが良いですよね。患者さんに対する姿勢さえぶれなければ、ユーモアがあったり…おとなしくても優しさがあったり…個性はあるものです。
基本的なものはきっとぶれてない「患者さんが大事」「よくなってもらいたい」という気持ちはみんな持っているんじゃないかな。

あと大切なのは患者さんを「尊敬」する気持ちですね。患者さんは人生の先輩だと思っています。たとえ自分より若い患者さんであってもその病気を「経験されている先輩」であり「病気と戦っている人」として尊敬しています。
人生の大先輩として、患者さんとの関わりから学ぶことも多いです。「患者さんといるから看護師として、人として成長させてもらっている」と感じています。

木下さんのより詳しいインタビューは
http://www.nasnus.com/interview.php?NO=028

佐藤病院 看護部長/がん性疼痛看護認定看護師

この求人についての疑問を採用担当者に聞いてみよう!

この求人に質問する

病院からパンフレットや採用関連情報をお手元にお届け!

資料請求する

「この病院で働きたい!」いますぐこの病院に応募してみよう。

この求人に応募する

ちょっと聞きにくいことでもナスナスが代わりに質問!

ナスナスに代わりに質問してもらう

イベント

Follow nasnus